00.ミス・チラリズム
始まり。って言うか誰よ、そんな変なあだ名つけるのは。
(06.07.06)


01.触れたい、君に・・・
片思い? そんな可愛らしい言葉で片付けばいいのですが。
(08.11.24)


02.暴発注意・・・
大嫌い。言わせたのは向こうなんだから。
(08.11.24)


03.転職するなら・・・
試してやれ。ん、別に俺はお前を陥れようとか思ってないぞ?
(08.11.24)


04.ブウサギ・・・
嘘つき! 仲間がピンチだ、みんな、行くぞ! ぶーぶーぶー!
(08.11.25)


05.罪よりも愛を・・・
出よう。君がそれを望むなら、俺は叶えるだけだから。
(08.11.25)


06.甘い殺意・・・
迂闊。だってそんな、思いもしなかったもの。
(08.12.11)


07.回避不可能・・・
もう決めた。権力は正しく使わなきゃな。
(08.12.13)


08.悟った先には・・・
ありかもしんない。どうせなら、パーっとね。
(08.12.15)


09.卑怯・・・
不器用。その言葉ほどあなたに似合わないものはないです。
(08.12.21)


10.君を連れて・・・
あたしを。愛はいろんな形をしていて、一目ではわからない。
(08.12.24)


Last.あなたがいるから・・・
ほどとおい。でも、こういうのって努力するものなの?
(08.12.24)



ミス・チラリズム



 彼女は軍属ではない。
 マルクト帝国首都、グランコクマの酒場で働いていた娘だ。
 それが、何のめぐり合わせか。
 ある日突然、現皇帝ピオニー九世陛下のお声がかりで宮殿に召抱えられた。
 本人は、名誉なことだと思いながらも、会ったことなどないはずの陛下が何故突然自分を名指しできたのかがわからないまま。
 ビミョウに不可解なものを抱えて、それでも勅命ならばと従った。
 宮殿の中には、兵士が多い。
 陛下の世話係が数人女性なので、彼女たちの手伝いをすればいいのかとついていっていたら。
「アエラ、あなたはそっちではないですよ」
 声をかけられて、驚いた。
 振り向くと、そこにいたのは軍の制服。マルクトブルーが似合う、金髪の男。
「・・・あら、あなた確か、酒場の常連さん・・・確か、大佐さんでしたね」
 名前なんか、実際よく知らなくて。マスターが大佐と呼んでいたことぐらいしか覚えていない。
 彼は、彼女があまりに普通に返してきたことが意外だったのか、すこし驚いたような顔をして。
「えぇ、そうです。それより、あなたはこれに着替えて。そこの部屋を借りればいいでしょう」
「・・・着替え? 使用人の衣服はこれだと、先ほど渡されたので着替えは済んでいますが」
「それは見ればわかります。ですが、こちらはピオニー陛下が直々にあなたのためにとご用意されたものです」
「はぁ? 陛下が?」
「どんなものかは私は知りませんが。渡されたので持って来ました。さ、アエラ、陛下がお待ちです」
「待ってるんですか?!」
「そのようです」
 アエラは呟いた。額を押さえて。

 『偉い人っていうのはよくわからない』
 



 近くの空き部屋を借りて、アエラは“大佐さん”が持ってきた紙袋を開けた。
 中に入っていたのは、色こそはマルクトブルーで軍の色だったのだが。
「・・・なによこれ」
 広げて、唖然とした。
 上着の形は、先ほどの“大佐さん”が着ていたものとほぼ同じだ。それはいい、「今日からお前は軍属だ」と言われれば、この制服でもいいのだろうから。
 しかし。
 上着の丈は、こちらのほうが圧倒的に短く、ボトムはといえば、今時珍しいプリーツスカート(当然ミニ)である。
 そして、ニーオーバーのソックスにシンプルでローヒールのパンプスが入っていた。
「待って・・・待って・・・・・・・」
 ぐらぐらと揺れる脳内を、何とか必死に押さえつつ。
 アエラは深呼吸をした。
「こ・・・・・・・・・・コスプレ?」
 思いついた言葉を呟く。
 意識の中には今、当代皇帝陛下への多大なる疑念が渦巻いていた。
「これを陛下が? 何考えてるの・・・」
 とは言え。
 ドアの外では、アエラを陛下のところへ連れて行くという任務(?)をおった大佐さんが待っている。
 そしてこれが真実皇帝陛下からの贈り物であるのなら、着ないわけには行かない。
「こういうの、羞恥プレイっていうのかしら」
 それがあっているかどうかはともかく。
 深い溜息の後、アエラはその服に着替えた。


 着替えを終えたアエラが、それまで着ていた服を紙袋に入れて、それを抱えて。
「・・・お待たせいたしました」
 こそり、と。ドアから出てきたのを見て。
 待っていた大佐さんは、
「・・・・・・・・・・アノヒトは」
 眉間に皺を寄せ、呟いた。
 露出自体は少ないのだろう。それでも。
 プリーツミニにニーオーバーっていうのはどういうセンスだろう。
 スカートの裾と、ハイソックスのクチゴムの間、僅かに見えている太腿。
「陛下はきっと謝らないでしょうから、私から謝っておきましょう。すみません、そんな格好をさせてしまって」
「や、大佐さんが謝ることないです。・・・自分の国の皇帝が、ちょっと“変わった趣味”だって知ってしまったことは微ショックですが」
「・・・何をしたかったのかがわからないでもないだけに、ビミョウですよ」
「は?」
「いえ。ともかく行きましょう、陛下は謁見の間でお待ちです」
「さらされるんですね、あたし・・・」
「重ね重ねすみません」

 歩き出した大佐さんの一歩後ろを、アエラはとぼとぼとついていった。







 謁見の間。
 数人の兵士と、皇帝がいた。
「陛下、アエラを連れてきましたよ」
 相手が皇帝だというのに、大佐さんの言葉はどこか砕けていた。
 玉座に座っていた、皇帝・ピオニー九世は。
「お、似合うじゃないか」
 ニセ・マルクト軍人なアエラを見て、第一声がそれだった。
「陛下、本気で言ってますか? 似合わないわけではないですが、これではアエラが気の毒ですよ」
「なんだジェイド、おまえとお揃いでいいじゃないか」
「それを言ったら、マルクト軍人は皆お揃いでしょう」
「そんなことないだろう、制服のデザインは個性を認めているからな。おまえと全く同じってのはいないし」
「アエラのこれは“全く同じ”ではありませんよ。それとも陛下は、私にミニスカートをはけとでも?」
「恐ろしいことを言うな」
 二人のやり取りを聞きながら、アエラは少し呆然としていた。
 およそ主従らしからぬ。親しさを感じ取った。
「・・・アエラ」
 ピオニーに呼ばれて、アエラはハッとして「ハイ」と返事をした。
「今日からおまえは、このジェイド・カーティス大佐の世話役だ。彼がこのグランコクマに居る間は、しっかり面倒見てやってくれ」
「は?」
「何しろジェイド直々のご指名だからな」
「は??」
「陛下!」
 咎めるように、ジェイドは声を上げた。ピオニーは、ニヤニヤ笑っている。
「世話役・・・って、具体的には何をしたらいいのでしょう?」
 こんな格好をさせられて。
 アエラは、当面一番身近な問題を、ピオニーに問いかけた。
「まぁ、執務中なら茶を入れたりだとか」
「ああ、要するに秘書ですか」
「書類とかは手伝わなくていいぞ? アエラは軍属じゃないんだから」
       では、ナニユエこんな格好なのですか?」
 由緒正しきマルクトブルー。確かに、パチモンくさい格好ではあるが。
 両手を広げて見せたアエラに、ピオニーは言った。

「ん、面白そうだから」

 アエラは必死だった。
 今、手に持っている荷物を皇帝陛下に投げつけてしまわないように、理性フル稼働だ。
 帝都で暮らしていても、皇帝のひととなりまで見えるわけではない。
 若いということだけは知ってはいたが。
「・・・こういう人です。だから私が謝ったのですよ」
 こそ、と。ジェイドに囁かれて、アエラは深く溜息をついた。
「まさかと思いますが、あたしがここに召されたのは、何かこう・・・御国の役に立てそうな要素があるとか、そういうのでは全くなく? 単なるお戯れって奴でしょうか?」
 がっくりと肩を落とし、俯いて。
 愛国心がないでもないアエラは、皇帝直々のお声がかりにいくばくかの忠誠心は見せるつもりでいたのだが。
 ピオニーは、
「だからさっきも言っただろう、アエラを召し上げたのは、そこのジェイドが・・・」
「へーいーか」
「・・・ジェイド、俺だけ悪者にするつもりか?」
 真相は語られそうにない。
「もうなんでもいいです・・・・・・・・・」
 それでも、決まってしまったことなのだろうし。
 宮殿に召し上げられるからと、酒場の仕事はやめさせてもらっているし、故郷の両親にももう手紙で知らせてしまってある。今更御破算にされても、アエラは困ってしまうのだ。
「ともかく、これからよろしくお願いします」
 ピオニーとジェイドに頭を下げて、アエラはなんとなく笑った。
 その笑顔がとてもうつろで。

 アエラの見ていないところで、ジェイドがピオニーを睨みつけていたというのは、本人たちしか知らない事実である。





 この日付で、アエラはマルクト帝国軍ジェイド・カーティス大佐の“世話係”として軍本部やグランコクマ宮殿でよく見かけられることになる。
 パチモンちっくな軍制服と、彼女が走るたびにひらひら揺れるスカート。熱心に仕事をすればするだけ、普段から“おしとやか”などという言葉には無縁の下町娘はこう呼ばれる。“ミス・チラリズム”と。
 本人はあくまで真面目に仕事をやっているというだけに、あまりに気の毒な影のあだ名であった。 




《Next》