00.ミス・チラリズム
始まり。って言うか誰よ、そんな変なあだ名つけるのは。
(06.07.06)


01.触れたい、君に
片思い? そんな可愛らしい言葉で片付けばいいのですが。
(08.11.24)


02.暴発注意
大嫌い。言わせたのは向こうなんだから。
(08.11.24)


03.転職するなら
試してやれ。ん、別に俺はお前を陥れようとか思ってないぞ?
(08.11.24)


04.ブウサギ
嘘つき! 仲間がピンチだ、みんな、行くぞ! ぶーぶーぶー!
(08.11.25)


05.罪よりも愛を
出よう。君がそれを望むなら、俺は叶えるだけだから。
(08.11.25)


06.甘い殺意
迂闊。だってそんな、思いもしなかったもの。
(08.12.11)


07.回避不可能
もう決めた。権力は正しく使わなきゃな。
(08.12.13)


08.悟った先には
ありかもしんない。どうせなら、パーっとね。
(08.12.15)


09.卑怯
不器用。その言葉ほどあなたに似合わないものはないです。
(08.12.21)


10.君を連れて
あたしを。愛はいろんな形をしていて、一目ではわからない。
(08.12.24)


Last.あなたがいるから
ほどとおい。でも、こういうのって努力するものなの?
(08.12.24)



暴発注意


 先日の一件以来、アエラはジェイドとの物理的距離に非常に敏感になっていた。
「別に、とって喰おうというわけではないのですがね」
「防衛本能ですからっ」
 必要以上に側には寄らない。
 執務席のジェイドは、お茶一つ運ぶのにも注意を払っている彼女に溜め息をつく。
「・・・怒っているのですか? あの夜のこと」
「えっ」
 わざとしょげた声で言ってみせたら反応があった。
 素朴で素直な下町娘は、こういう引きに弱いのだろう。
「そ、そんな、怒ってるとかってわけでもなくって」
「でも、そこまで邪険にされてるとさすがに辛いですが」
「邪険になんてしてないですけどっ」
「・・・・・・寂しいなぁ」
 さて、ジェイドのセリフの何割が本心かはともかく。
 演技をそれと見抜けもしないアエラは、オロオロとし始めて。
 思う壺だなぁ、とジェイドが内心でほくそ笑んだ時だった。

「なにをしておいでですか、陛下」

 そんな声が、廊下のほうから聞こえた。
 わざと大きな声で言ったらしいそれは、アエラの知らない声だったが。
 “陛下”に該当するのは、マルクトではただ一人なので。
 アエラとジェイドは顔を見合わせ、ドアに近いところにいたアエラが、そのノブに手をかけた。
 ドアを開けると、そこには。
「・・・・・ガッカリしちゃうなぁ」
 立っていた人物を見て、肩を落とす。
 そんなアエラの側にいつの間にか、
「本当ですよ。行儀の悪い。マルクトの皇帝は立ち聞きを趣味にしているなどと知れ渡ったら、ますますお后の来手がなくなってしまう」
 ジェイドが立っている。
 久々の至近距離、だが。
 ドアの前に立っていたピオニーは、ジェイドの言葉にすかさず、
「貴族の娘なんざくそくらえだ、俺はアエラみたいなはつらつ系が好きなんだよ」
 アエラの腕を掴んで自分の方に引っ張った。
「ほへ?」
 予期せぬ出来事に、アエラは抵抗なくピオニーの胸におさまる。ぽすっという効果音と共に。
 瞬間、ジェイドの周囲の空気が冷えた。
「アエラみたいな、・・・そうですか。ではそのように大臣らに進言し、アエラは除外で同タイプの女性を探させましょう」
「なんで除外なんだよ、ドンピシャでアエラでいいじゃないか」
「いいえ。私が許可しません」
「大佐より皇帝のほうが偉いんだぞ? お前が突っぱねたところで、勅令でも出せば」
「・・・おや。そうですか、マルクトはあなたの代で終わりたいみたいですねぇ」
 いよいよ、空気がヤバイ。
 わけもわからないまま皇帝の胸に寄りかからされて呆然としている平民アエラは、どうも自分が原因らしいと思いつつも微動だにできずにいて。
 どうしよう、なんて思いはしても結局どうにもできないでいたところに。
       おとなげない」
 そんな、呆れ果てた声が聞こえて。別のところから伸びてきた腕が、アエラを救出した。
 解放された彼女の、乱れてしまった上着の襟やらを直してくれる手。
 呆けたまま、アエラはその手の持ち主を見た。
 軍服ではない。金髪の青年。結構いい男だ。
「子供がおもちゃを取り合ってるようにしか見えないんですけどね、ハタには。彼女がかわいそうでしょう」
「おや、ガイじゃないですか」
「ガイラルディアが邪魔をするから、こじれたんだろうが」
「なんでそこで俺のせいなんですかね。立ち聞きなんて、してるほうが悪いにきまっているでしょうが」
「まったくです」
「皇帝はいいんだよ」
「「どんな理由ですかそれは」」
 最後はステレオで突っ込まれ、ピオニーがぶすくれた。
 そうこうしているうちに、ピオニーを探しに来た城の兵士たちがやってきて。しぶしぶ、ピオニーは城に連れ帰られた。
 去り際、
「アエラ、いつでも嫁に来ていいからなー」
 などと投げキッス込みで手なんか振ってみたりする皇帝に、アエラはまた硬直状態になり。けれどその“投げキッス”はどうやら、
「往生際の悪い」
 ジェイドのひと睨みで四散したようだ。当然、見えはしないが。
「アエラ、お茶の支度を。コチラはガルディオス伯爵ですよ」
 ぽん、と。固まっているアエラの肩を叩いて、ジェイドは。
「えっ、は、はいっ、は、伯爵様?!」
 状況が飲み込めず、オタオタしているアエラに、
「まだまだ名ばかり貴族さ。気にしなくていいよ、俺はガイ。大佐とは、腐れ縁みたいなもんかな」
 笑って見せたガイは、相変わらず無自覚にファンを増やしているようで。その微笑の威力も変わっていず、アエラもぽんと赤くなった。
「・・・・・・・アエラ」
 どこか低く、ジェイドがアエラを呼ぶ。
 愚図は嫌いですよ、とでも言いたげな声音だった。
「あ、はい、お茶ですね。只今!」
 慌てたアエラが、給湯室に向かって走っていく。
「おかまいなくー」
 ガイの声も、届いたかどうか。





「新しい秘書を雇ったってのは噂に聞いてたけど、また随分可愛らしい子を雇ったもんだね、旦那も」
 アエラが戻ってくるまで、執務室の応接セットで待つことにする二人。
「もう、戦争のことなんて考えることもないでしょうから。あのぐらいの雰囲気が側にあるほうが仕事がしやすいかと思いまして」
「ミス・チラリズム、とかって」
「貴族院にも浸透してるんですか、そのあだ名・・・。やれやれ、原因は陛下ですがね」
「でも、似合ってたからなぁ、あの改造軍服。あのぐらい元気があると、スラックスや普通のスカートよりもミニをはかせたいって気持ちはわからないでもない」
「階段を二段飛ばしで駆け上がるのは、是非ともやめさせなければと思っていますが」
「チラリズムどころか、丸見えだって話」
「上司として、由々しきことであると認識していますよ。嫁入り前の娘さんを預かっているわけですし」
「自分は見れないし?」
 くすくすと笑いながら。ガイはそう言って、ジェイドを伺った。
「心外ですね、非常に。見たくない、とは言いませんが、見たいわけでもないですよ」
「見せたくはないわけだ、確実に」
「父親の心境ですかねー」
「よく言う。さっきの陛下とのやり取り、かなりマジだったと思うけどね」
「うちのアエラを、あんなロクデナシにくれてやる気はありませんよ」
「皇帝陛下捕まえてロクデナシってなぁ・・・」
「側室も持たずにアエラ一筋だとでも言うのなら、考えないでもないですが」
「あぁ〜それはムリだろうなぁ。って、旦那は一筋なのかい?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・あなたも命がいらないようですね」
「からかってるわけじゃないよ、協力できそうなことがあるんならってとこだけどな」
 『一筋なのかい?』からああいう反応が来たということは、まぁ脈なしではないということだろう。
「ま、今は俺も新米貴族を脱せないまま、陛下にいいように使われてる身だから。あんまり自由もないけど」
 とまで言ったところへ。
 執務室の扉がノックされて、ティーセットを載せたワゴンを引いてアエラが戻ってきた。
「おまたせしましたー」
 来客用らしい一式を、二人の間のテーブルに広げる。
 もう大分慣れたその手つきを見ながら、
「えーっと、アエラ、だっけ?」
 ガイの問いかけに、
「あっ、はい。アエラ・ヴィンセントといいます」
「階級はあるの?」
「いえ、いただいていません。でも、兵士とは違うのだそうですから、いいみたいです」
「なるほどね。俺ははガイ、ガイラルディア・ガラン・ガルディオス。さっきジェイドも言ってたけど、一応伯爵」
「はい、覚えます」
 にこっ、と笑ってアエラは。
 その笑顔を見て、
「お、いいねぇその笑顔。こんな可愛い子が大佐の秘書だなんて、もったいないな」
 ぴくっ。ジェイドの頬が引きつる。
「もともと酒場のウエイトレスですから、笑顔は商売道具でしたからね。それに、人付き合いの上でも大事ですから」
「へー、ウエイトレスなんだ」
「はい。それが、どういうわけだが皇帝自らのご指名でこの職場に移ることになっちゃって。あっ、別に嫌じゃないです、お給料いいし。カーティス大佐はご多忙でいらっしゃるからいろいろ大変ですけど、やりがいはありますし」
「頑張ってるんだね。今も、ジェイドが君の事をいい部下だって」
「えっ、そうなんですか? 照れちゃいますねぇ」
 えへへ、とはにかむ彼女は、確かに可愛い。
 これは、日ごろ男所帯の軍部では大人気間違いない。
 今も、ガイとアエラが楽しそうに話しているのを見ながら、苛立ちを隠せない男が約一名。
 後々怖いが、ちょっと面白い。
「そういえばガイ。女性恐怖症はもうすっかりいいようですね」
 半ば無理矢理、会話に割り込んできたりするし。
 苦笑したガイに、アエラはきょとんとして、
「きょーふしょー? なんですか、ガイさんの奥様はそんなに怖い方なんですか?」
 そんなことを。
 あぁ、やっぱり天然なんだこの子、という理解がガイに降り、またジェイドにも、どうしてそういう方に行くんだろう、という興味が湧き。
「や、まだ未婚なんだけどね。昔ちょっとあって、女性に触ったり出来なかったんだよ」
「あら。でもさっき、あたしの服なおしてくれましたよね。触れたし」
「今はね。少しだけならってとこなんだけど。あんまりくっつかれると、まだ鳥肌立ったりするけど」
「あらぁ・・・じゃあ、恋人さんは大変ですね。抱き合ったり出来ないんだー」
「あはは、まぁ、そうだね。恋人もいないから、今のところは困ってないし」
「友達紹介しましょうか? あたしの元彼の彼女が、最近別れたからって合コンするとか言ってあたしを誘いに来ましたけど」
 えっ。
 今、なにやらフクザツな人間関係が。
「元カレの? 彼女が?」
 どういうことかな、と引きつった笑いを浮かべるガイに、
「えぇ、元彼の彼女。あたしの友達なんです、で、あたしの彼氏を好きになって、付き合い始めたんだけど、結局別れちゃったって」
「それ、彼氏を取られたって事?」
「あぁ、そうかもしれませんけど。あたしは彼女のこととても好きなので、別に何も思いませんでした・・・っていうか、いい男だったんですけど、ちょっとエリートだからって嫌味なとことかある奴だったんですよ。別れたいなぁと思ってたところに、彼女が言い出したので、じゃあ付き合ってみる? って」
 ・・・・・・。
 話を聞き、頭の痛そうな顔をしているのはジェイドだ。
 ガイも、『イマドキの若いもんは・・・』と言いたげな顔をしている。
「あぁ、でも伯爵様なのか。じゃあ、庶民の合コンになんか顔出せないですよね」
「や、それはあんまり気にしなくていいんだけど、・・・・・・まぁ、機会があったらってことで」
「そうですか? 可愛い子集めてもらいますから、期待しちゃっていいですよ♪」
「や、・・・・・・・それもなぁ」
「あっ、大佐も行ってみます?」
 にっこり、笑顔で振られた話題に。
 ジェイドは一瞬きょとんとした後で、
「・・・アエラも参加するなら、行ってもいいですよ」
 それこそ、ありえないほどの笑顔で返してきた。
 けれどアエラは、
「あたしは参加しません、恋人は間に合ってますから」
 即答だった。
 それこそが最大の問題発言だったに違いない。
 ジェイドはそれきり、むぅっとした様子で口を閉ざしてしまった。
 その空気を確実に読み取って、ガイはそそくさと退散する。
「ちょっと近くまで来たから寄っただけだったんだ。仕事の邪魔して、ゴメンね?」
 もう、ジェイドの不機嫌が目に見えるほどなので、会話はアエラと。
 当のアエラは、何故ジェイドがいきなり黙ってしまったのかもわからず、というよりはまったく気にしていず、
「合コンの日取りは、決まったらお知らせしますから」
 なんて。罪のない笑顔で、ガイを見送った。
 軍本部を出ながら、ガイが天に祈ったのは言うまでもない。
 “アエラがひどい目に遭いませんように”
 割って入ろうものならば、こっちの命が危ない。






 ガイが帰って、食器を片付けようとしているアエラに。
「・・・あなたには、恋人がいるのですか?」
 不機嫌なまま、とりあえずは執務に戻ったジェイドが問いかけた。
 アエラは顔を上げて、
「いませんよ」
 これも即答だった。
 高価なティーカップに気を使いながら、
「大佐ったら、あたしが参加しないって言ったから臍曲げたんですか?」
 意外な事実発見か、と。くすくす笑う。
 ジェイドは、一度手にしたペンをデスクに置くと、椅子から立ち上がった。
「恋人は間に合っている、と言われたから、臍を曲げたんですよ」
「へっ?」
 急速に縮まった距離。
 アエラが驚くより先に、ジェイドの手が伸びて。
 アエラを抱きしめたから、彼女の手からこぼれたカップが床に落ちた。
 パリン、と。儚い音をたてて、カップは砕ける。
「大佐、カップが」
「買えばいいでしょう、そんなもの」
「でも、あれって高いってあたしでも知ってます」
「では、あなたはいくらで私のものになってくれますか?」
 瞬間、アエラの体が硬直する。
「もちろん、お金で解決することではないとわかっていますよ。そんなことしたくもない。ですがアエラ、あなたを側に置くために金銭が必要なら、私はいくらでも惜しみはしない。金銭ではなく、例えば命をと言われても」
「た、大佐」
「今日は冗談半分ではないですからね。こんなに急ぐつもりはなかったのですが」
 すっぽりと抱きしめられて、アエラは今の言葉を耳元で聞いた。
 一瞬、走るゾクリという感覚。腰が抜けそうになったのは、自分でも信じられない事態だった。
「と、とって食うつもりはないって、い、言ったじゃないですかっ」
「なかったですよ、少なくともあの時までは。今はもう、猛烈な嫉妬心と、独占欲で気が狂いそうですが」
「そ、そんな」
「私よりも前に、あなたとこういうことをした奴がいるのだと知って」
 ジェイドの手が、強引にアエラの顎を掴む。痛い、と彼女が悲鳴をあげる前に、上向かせたその唇を深く塞いだ。
「んっ、・・・ん!」
 初めて重なった相手だというのに。ジェイドのキスはけっして優しくもなく。
 アエラの口腔を犯す舌は、容赦なく動き回る。
「んーっ、んっ、う、ん・・・・っ」
 アエラの目尻から、雫が滑り落ちて。
 そしてようやく唇を離したジェイドが、
「物分りの悪い子には、・・・叩き込むしかないでしょう?」
 自分のしていることを、正当化するようなことを言った、その瞬間。
「相手の気持ちをないがしろにするような人は、あたしは大ッ嫌いです!!!」
 アエラは。
 泣き叫ぶ声音で、言い放った。
 必死でもがいて、ジェイドの束縛から逃れる。
 くしゃくしゃになってしまった髪。涙がこぼれる、瞳。
「アエラ」
「クビで結構です、もうこんなとこ来ません!」
 開いた距離、埋めようと動いたジェイドが止まる。
 アエラは、ドアを開けて外へと飛び出した。

 呆然と立ち尽くしたジェイドは、ややしてから深く溜め息をつくと、椅子にどかりと腰を下ろした。
 脱力する。
 天井を仰いだ目が、硬くつぶられた。
「なにをやって・・・いるのだか・・・」
 襲いくるのは、壮大な自己嫌悪。
 “大ッ嫌い”が、延々と耳の中で響いていた。