00.ミス・チラリズム
始まり。って言うか誰よ、そんな変なあだ名つけるのは。
(06.07.06)


01.触れたい、君に
片思い? そんな可愛らしい言葉で片付けばいいのですが。
(08.11.24)


02.暴発注意
大嫌い。言わせたのは向こうなんだから。
(08.11.24)


03.転職するなら
試してやれ。ん、別に俺はお前を陥れようとか思ってないぞ?
(08.11.24)


04.ブウサギ
嘘つき! 仲間がピンチだ、みんな、行くぞ! ぶーぶーぶー!
(08.11.25)


05.罪よりも愛を
出よう。君がそれを望むなら、俺は叶えるだけだから。
(08.11.25)


06.甘い殺意
迂闊。だってそんな、思いもしなかったもの。
(08.12.11)


07.回避不可能
もう決めた。権力は正しく使わなきゃな。
(08.12.13)


08.悟った先には
ありかもしんない。どうせなら、パーっとね。
(08.12.15)


09.卑怯
不器用。その言葉ほどあなたに似合わないものはないです。
(08.12.21)


10.君を連れて
あたしを。愛はいろんな形をしていて、一目ではわからない。
(08.12.24)


Last.あなたがいるから
ほどとおい。でも、こういうのって努力するものなの?
(08.12.24)



転職するなら


 翌日。辞表を手にしたアエラが軍本部を訪れて。
 それは、直属のジェイドにではなく、その上の役職の者に手渡された。
 突然の離職に理由を問われたが、アエラは「自信がない」とだけ答え。
 深く頭を下げ、本部を後にした。

 報告は、すぐに皇帝の元に届いたのだろう。
 住まいに帰る途中で、皇帝の使いだという者につかまった。
 断るわけにもいかず、アエラは馬車に乗る。
 そして、また。
 軍本部のすぐ側にある、グランコクマ宮殿に来てしまった。





 陛下はお部屋に。
 そう言われて、仕方なく訪問する。
 なぜか誰もいない、皇帝の部屋の前。
 アエラは、ためらいがちにドアをノックした。
 返事を待つ。憂鬱な顔で。
 けれど、返事はなく。
「・・・陛下?」
 失礼かなとは思ったが、ドアを開けてみた。
 かちゃり、音がして。押し開いた世界。
 見えたのは、床に散らばるブウサギ。
「アエラです、陛下」
 一歩。部屋に入った・・・瞬間。
 がばっ、と。
 陰に隠れていた何か、いや誰かに、抱きすくめられた。
「っ、ひゃあ!」
 上がる悲鳴、反射的に硬くなる体。跳ね除けようとして動いた腕は、
「おっ、と」
 聞きなれた声の持ち主にとめられた。
「・・・陛下?」
「おっかないな、アエラは」
 見た、腕が違う。
 軍服の腕ではない。
 アエラは少しだけ力を抜き、
「間がサイアクです、陛下。国土全域に轟くような悲鳴を上げるところでした」
「そんな悲鳴を上げたくなるようなことを、ジェイドにされたのか?」
 言いながら。部屋の主、ピオニーはひょいとアエラを抱き上げた。
「っ、陛下?!」
 そのまま歩いた彼は、アエラを寝台の上に乗せる。
「ここが一番、汚れてないからな。ブウサギたちは、ここには乗らないようにしつけてあるから」
「は、はぁ・・・でも、この間一匹乗りましたが」
「あれはなぁ。あの後、ちゃんと叱っておいたから。さて、アエラ。話を聞こうじゃないか」
 そう言いつつ。ピオニーは、自分も寝台の上に上がってくる。
「へ、陛下、ちょっとそれはどうかと」
「別になにもしやしない」
「・・・信用しかねます」
「臣の言葉じゃないなぁ」
「失礼を承知で言ってます。でも、・・・・・・本当はあたし、こんなところにいていいわけないのに」
 こんな。
 ここは皇帝の寝所だ。
 アエラは貴族令嬢でもなければ、武勲のある将でもない。
「そんなことは気にしなくていい。俺がここにって言ってるんだ」
「・・・お后にはなりませんし、後宮も嫌です」
「皇帝に歯向かうか。さすがは、といったところかな」
 けれど、アエラの拒絶をものともせずに、ピオニーは距離を詰める。
「陛下っ」
「だから、何もしないって言ってるだろうが。俺がちょっと、抱えたいだけだよ」
 ピオニーはアエラの背後に回る。逃げようとしたアエラを、背中から抱いて。そのまま、壁に寄りかかった。
「陛下・・・」
「お前はブウサギと一緒だ。俺は、ブウサギ相手に欲情したりしないから。まぁ、そういうことで納得しとけ」
「・・・・・・新しいブウサギには、あたしの名前がつくんですね・・・」
「そうだなぁ、そろそろ新しいのを増やそうかなぁ」
 アエラを抱き込んだピオニーは、よしよしと彼女の頭を撫でる。
 アエラは溜め息をついた。
 逃げられそうにない。


「で? やっぱりジェイドがなんかしたのか」
 離職の理由だ。
「耳元で喋るのやめてください。トラウマです」
「・・・思ったより早かったなぁ、箍が外れるのが。女っ気がないってわけでもなかったのに」
 嫌なことを聞いた。
 アエラは腹の中がモヤモヤするのを自覚しつつ、
「わかっていて、陛下はあたしを召し上げたんですか? カーティス大佐の世話係って」
「あー、うーん、まぁ」
 アエラの肘が、ピオニーの脇にドスッと入る。
 ピオニーは、うっ、と呻きつつも、アエラを離さず。
「どのぐらい前だったかなぁ・・・ジェイドが、思わせぶりなことを言ったから。城下の酒場に、気になる娘がいるって。あのジェイドが? って、こっちは驚いてさ。通ってるみたいだったから、ちょっと調べて」
「それが、あたしだったってことですか」
「あの歳まで、決まった相手を作らなかったからな。まぁ、戦争してたって言うのもあるから、ジェイドは家族を持ちたくなかったんだろう。それでも、カーティスの家を残すには、跡継ぎもいるし。そろそろ嫁さんでもどうだ、なんて言おうと思ってたところに、“気になる娘”だろう? それじゃあって、側につけたんだよ」
「・・・一帝国民としては、陛下ご自身の嫁さんはどうなんだって言いたいですが」
「それは別問題」
「そうですか」
「ジェイドは本気だと思うぜ? 幼馴染の勘が信用できなきゃそれまでだが。だいたい、本気じゃなきゃその歳の差で恋愛もないだろう」
「・・・・・・」
 ジェイドとアエラの歳は、15歳以上離れている。
 ヘタしたら親子だ。
「でも、・・・あれじゃただの変態」
「そんなにいきなりだったか、ジェイドの暴走は」
「そりゃ、別に処女じゃないし。でも、一応嫁入り前で」
「・・・・・・まさか、そんな話をしたんじゃないだろうな?」
 問いかけに。
 アエラは、むーと唸りながら、
「元彼の話が出ました。それで、・・・ちょっと」
 結局、なにが彼の気を狂わせたのかは、あまりよくわからない。でも、あの時ジェイドは“嫉妬と独占欲”と言っていたから、その元彼の話がタブーだったのだろう。
「元カレ、ね。また、心の狭い」
「あたしぐらいの歳なら、みんな彼氏ぐらいいますよ。ほんとにまっさらなまんまでお嫁に行くなんてありえない。陛下やカーティス大佐の時代は、婚前交渉も不可なんですか?」
「やー、それはないが・・・まぁ、ジェイドはアエラが処女だと思っていたのかもな」
「勝手な思い込みで、あんな怖い思いさせられるなんて」
「・・・怖かったのか?」
 思い出して震えたアエラは、無意識にピオニーの衣服を掴んでいた。
「・・・そうか」
 よしよし、と。また、頭を撫でる。
「それで、ここを離れてどうするつもりだったんだ?」
「実家に帰ろうと・・・思って。短い間でしたけど、いいお給料もらったし。酒場の数倍です」
「もっといい給料がほしいなら、宮殿で働くか?」
「お金はいいです、たくさんはいらない。・・・・・・・・・あの」
「ん?」
「あたしのお給料って・・・誰が決めたんですか?」
「ジェイドだが」
 ぴくん、と。アエラは震えて。
 思い出した言葉に、溜め息をつく。
「結局大佐は、あたしのことお金で繋ごうとしてたんでしょうか」
 ぽろりと呟いた言葉。ピオニーはぎょっとして、
「ジェイドは何を言ったんだ」
「“あなたはいくらで私のものになってくれますか”、だったかな」
「・・・うわー・・・」
 仮に、売り言葉に買い言葉だったのだとしても。それは、アエラもグサリときただろう。
 何やってるんだアイツは、と。ピオニーは口の中で呟いて苦笑する。
「なんかー、男性恐怖症になりそうです」
「ガイラルディアの逆か。それは困るなぁ、俺も触れないとなると、つまらんし」
「・・・余計に嫌いです、陛下。元彼と別れたのも似た理由だし」
「ほぅ?」
「あの人、あたしの体が好きって言ったんです。それって、あたしじゃないじゃないですか。同じ体型してれば、あたしじゃなくってもいいってことで。それってどうなのって思ったら、好きって気持ちが薄れたんですよ」
 そんな別れを経験した後に、“いくらで自分の物になるのか”とか言われれば、逃げ出したくもなる。
 なるほどなぁ、と。ピオニーはちょっとだけ手を止める。
「大佐も、あたしじゃなくて“若い子”とか、そんな感じなんじゃないのかなって」
 それはまた、見損なわれたものだ。
 アエラは、ピオニーの“懐き”がゆるくなったのを見計らって、よいしょと彼から離れた。
「陛下も、お戯れはそのぐらいで。ブウサギ可愛がっていないで、お后探してくださいね。ご成婚式の時には、あたし、ちゃんとパレードに並びます」
 寝台から降りる。それから、ピオニーに向き直ると、
「色々よくしていただいて、ありがとうございました。一生の思い出です、皇帝陛下」
 ふかぶかと頭を下げた。
「・・・考え直さんか?」
 温度を失った場所が、余計に寒く感じる。ピオニーは、慈愛を込めた眼差しでアエラを見つめたが、
「あたしは、ただの平民の娘です。陛下がこんなにフランクにお付き合いくださっただけでも身に余る光栄だと思っています。これ以上は、許されません」
「・・・皇帝直々に、お前を望めば?」
「それは、まぁ、断れませんが・・・」
 でも、と。拒絶を示したアエラに、ピオニーはにやりと笑った。
「しばらくここにいろ、アエラ。皇帝の后候補だ。もちろん、内々にだがな」
「陛下、それは」
「綺麗なドレスを着せて、うんと美人に仕立ててやる。ジェイドの馬鹿が血相変えて飛び込んできたって、追い返してやるよ」
「ですから陛下っ」
「気持ちを試してやれ、アエラ。いきなりコトに及ぼうとしたんじゃあ、誠意を疑われて当然だ。お前はここで、とりあえず“皇帝の女”って顔していろ。高いところから、ジェイドを見てろよ」
 悪戯を思いついた・・・明らかにそんな笑みだった。
 アエラは深く溜め息をつく。
「だからぁ、あたし別に大佐のことはなんとも思ってない・・・」
「なんとも思ってないなら、そう言ってやればいい。食い下がって追いすがるジェイドに、はっきり言ってやれ。まぁとりあえず、アエラとしても考える時間がいるだろうから。宮殿内に部屋を用意する」
 もうダメだ。止まってくれそうにない。
 なるようになれ、と。アエラはがっくりと項垂れた。
 足元に、ブウサギが集まってくる。
 それはまるで、新しい仲間としてアエラを迎え入れたかのようにも見えた。



 その日の夜には、宮殿内にアエラの部屋が用意された。
 皇帝の側近く仕える者らには、ことの本題を伝えてある。皆、気の毒そうにアエラを見た。
 豪華なインテリア。夜着でさえ、上質な絹で出来ている。
「・・・誰かー、助けてー」
 窓辺に立つ自分を、ガラスに映して呟く。
 なんていう不自然さだろうか。
 下町の娘。育ちなんか本当に中流程度。それが。
「アエラさん」
 顔見知りのメイドを、一番側につけてくれたのはありがたかったが。
「あの、ね。カーティス大佐を試すためのセッティングだと言うのはわかっているの。でもね」
 見違えてしまったアエラに、メイドはぎこちなく話す。
「万が一、陛下がここに忍んで来られても、私達は陛下をお止めするなんて出来ないの」
 言いたいことはわかる。
 アエラは、うん、と頷いた。
「そこら辺は、陛下の理性と良識の問題だと思うから。あなたたちを恨んだりとかはしないから安心して。・・・そうだよね、お后のいない皇帝が、理由どうあれ囲い込んだ娘だもんね・・・うまく手がついて、挙句懐妊なんてことになったら、国の偉い人たちは逆に喜んじゃうよね・・・」
 改めて、自分の置かれた立場のビミョーさを嘆く。
「まぁ、もうこうなったら覚悟決めるから。陛下は別に嫌いじゃないし、いざとなったら後宮でも何でもどんと来い、よ」
 空元気みえみえ。
 メイドは、やっぱり気の毒そうにアエラを見た。
 本当に、ちょっと前(ぶっちゃけ昨日)までは、改造軍服の裾をはためかせて奔走していた、元気一杯の娘だったのに。
 今はもう、すっかり人生に疲れた中高年のようだ。
「・・・ではアエラさん、いいえ、アエラ様。何かありましたら、そちらの鈴を鳴らしてお呼びくださいませ」
「あぁ、うん・・・ご苦労様」
「お休みなさいませ」
「おやすみなさい・・・・・・」
 パタン、と。閉められたドア。
 広い部屋は、もしかしたら今のアエラの住まいを、全部足したぐらいの広さかもしれない。
「なんかー、泣きたいのに泣けないー」
 それでもトホホな気分満載のアエラは、もういいやと自暴自棄気味にベッドへとダイブした。

 どうしてこんなことに。