00.ミス・チラリズム
始まり。って言うか誰よ、そんな変なあだ名つけるのは。
(06.07.06)


01.触れたい、君に
片思い? そんな可愛らしい言葉で片付けばいいのですが。
(08.11.24)


02.暴発注意
大嫌い。言わせたのは向こうなんだから。
(08.11.24)


03.転職するなら
試してやれ。ん、別に俺はお前を陥れようとか思ってないぞ?
(08.11.24)


04.ブウサギ
嘘つき! 仲間がピンチだ、みんな、行くぞ! ぶーぶーぶー!
(08.11.25)


05.罪よりも愛を
出よう。君がそれを望むなら、俺は叶えるだけだから。
(08.11.25)


06.甘い殺意
迂闊。だってそんな、思いもしなかったもの。
(08.12.11)


07.回避不可能
もう決めた。権力は正しく使わなきゃな。
(08.12.13)


08.悟った先には
ありかもしんない。どうせなら、パーっとね。
(08.12.15)


09.卑怯
不器用。その言葉ほどあなたに似合わないものはないです。
(08.12.21)


10.君を連れて
あたしを。愛はいろんな形をしていて、一目ではわからない。
(08.12.24)


Last.あなたがいるから
ほどとおい。でも、こういうのって努力するものなの?
(08.12.24)



罪よりも愛を


 アエラがピオニーの后候補として宮殿に入ってから、数日が経過した。
 ほとんどの時間、ガイラルディア・ガラン・ガルディオス伯爵の護衛を受けながら過ごす。
 始めは窮屈でしかなかったが、時間がたつごとに気持ちに余裕が出てきた。
 なにもない宮殿の生活。
 貴族令嬢と言うのは、こんなもんなのかな・・・そう思いながら、窓の外の限られた世界を見ていた。
 そんなときだった。
 今まで何のアプローチもなかった“あちらがわ”から、手紙が届いたのは。
「預かってはきたけど、どうする?」
 ジェイドが、門兵に渡したものらしい。それを、ガイが仲介した。
 アエラは、手を伸ばした。
 数日の間にも、いろいろな美容関係の者たちが来てはアエラを磨いていったので、以前以上に整った指先に見える。
 手紙を受け取ったその手を、自分のものではないようだと思いながらしばらく見ていた。
 そして、メイドが差し出したペーパーカッターを取って、封を切る。
 洒落た、真白い封筒に、そろいの便箋。
「軍のものじゃないですね。買ったのかな、わざわざ・・・」
 呟きながら中を見た。
 綺麗なフォニック文字。
 綴られているのは、謝罪と近況だった。
「ジェイドはなんだって?」
「・・・お仕事が溜まってしまって・・・補佐がいないと大変だって。あと、大人気ないことをしてすまなかったって」
「殊勝だな、あのジェイドが」
「・・・そうなんですか?」
「君は昔の彼を知らないから。戦争してた頃は、ネクロマンサーなんて呼ばれて怖がられていたんだぜ。冷静沈着、非情・・・あんまり、いい評判ではなかったかもな。まぁ、マルクトにとっては英雄かもしれないけど。俺はキムラスカで暮らしてたから」
「・・・そうなんですか」
 戦後の彼しか知らない。
 デスクワークをしている彼、会議に出席する彼。
 確かに、あまり庶民的なところはなかった。カーティスという家は、優れた軍人を輩出してきた家系だとは誰かから聞いた。それでかな、と思ってはいた。
「・・・なんか、思っていたより何もないですね、あたし。陛下は、大佐を試せって言ってあたしをここに住まわせたけど、大佐からは別に・・・ようやっとこんな手紙がきただけで。会いに来たりもしないし」
 手紙をたたみ、封筒に戻して。近くのテーブルの上に置く。無造作にも見える仕草で。
 ガイとメイドは顔を見合わせた。
「あの、アエラ様。実は」
 口を開いたメイドが発した、それは隠されていた事実だった。
「カーティス大佐は、何度かアエラ様への面会を申し入れてこられました。でも、・・・陛下が」
「えっ・・・」
 驚いた顔をしたアエラが、ガイを窺う。
 ガイは、
「まだ、直接会わせる訳にはいかないとおっしゃってね。君が、その、・・・ジェイドのことをとても怖がっていると」
 そう言って。苦笑、に似た表情を浮かべた。
 アエラは、そうですか、と呟いた。
 力なく、側の椅子に腰を下ろす。
 怖かった・・・それは間違いない。宮殿に来てすぐに彼を見たときは本当に怖くて、しばらくは思い出すたびに震えた。
 けれど。
 落ち着いてからは、ゆっくりと考えるようになった。彼の事を。
 今まで流してきた、彼との日々のことを。
「・・・ではガイさん、あたしからカーティス大佐に会いに行くことはできますか?」
 発言に、ガイは目を見開いた。
「それは、・・・難しいんじゃないかな。基本的に、君みたいな立場の人は皇帝の許可なしに外出することは出来ないし」
 いくら、発端はひどく個人的で、なおかつ皇帝の悪ふざけが大半を占めていたのだとしても。宮殿内と、軍の上層部などには、アエラが皇帝の后候補となったことは知れている。今、最も皇帝の寵愛を受けているとされている娘だ。簡単には、外へなど出しはしないだろう。
「じゃあ・・・なんとかして、カーティス大佐と会えそうなときはないですか? そういえば、週に一日、必ず皇帝陛下に謁見する日があったはず」
「それも難しいよ」
「そう・・・ですか」
「会いたいの?」
「わかりません。でも、このままじゃあたし、本当に陛下の愛人になっちゃいそう」
 冗談のような“誘い”は、毎日ある。けれど、今のところピオニーは、深夜部屋に尋ねてきたりもしていない。
「断るの、疲れてきちゃって」
 あはは、と。気力のない笑い。以前のアエラを知るメイドは、本当に気の毒そうに見ている。
「アエラ・・・」
「別に、誰に操立てするってこともないんだし、受け入れちゃえばって思ったりするんですよ、最近。どうしても愛して欲しいわけでもないから、それならどうでもいいじゃんって思えちゃって。末期だなぁって、自分でガッカリしちゃうんですけど」
 一日に何度、溜め息をつくのか知れない。もう、数える気にもならない。幸せは逃げまくりだ。
 憔悴するアエラを、やはり気の毒そうに見たガイは、
「大佐から、そういった・・・思いを直接伝えるっていうようなことはなかったんだろ?」
 椅子に座るアエラの側、床に膝をついて視線を低くして、俯きがちな彼女の顔を覗く。
「陛下にも言ったんですけど、あたし、本当に大佐があたしのことそんなふうに思ってるって、ちっともわからなくて。言ってもらったこともないし、なにより何がきっかけだったのかもわからないんですよ。あの人、お店の常連ってだけで。あたし、何度かお酌とかしましたけど、そんなのほかのお客さんにだってします。呼ばれれば行って、お酌して話して、笑って・・・とてもよくしてもらいました、それはどのお客さんも一緒でした。大佐さんに特別に何かしたことなんかないのに」
「・・・成る程。アエラがそれしか思ってなければ、ジェイドがどう動いたって不思議なだけだよね。まぁ、あのジェイドだからな。他のことならともかく、こういった情の細かいところが必要なアレコレは、疎いのかもしれない」
 ガイは微笑んだ。とても優しく、そして頼もしく。
「いいよ、外へ出よう。アエラがそうしたいって言うんだから、俺は叶えてやらないとな。少々荒っぽくなるかもしれないが、その辺はご容赦のほどを」
「ガイさん」
「この時間なら、陛下は公務の真っ最中だ。ジェイドは軍本部の執務室だろうから、そんなに距離もない。一気に駆け抜ければ、ちょっと会って話すぐらいは出来ると思う」
 すっと立ち上がる。ガイはメイドに、アエラの服をもう少し軽いものにしてやってくれと頼んだ。
 メイドはすぐさまクローゼットを開けた。
 アエラ嬢脱出大作戦の始まりだ。




 一番飾りのないドレスは、どちらかと言うと“少し豪華なワンピース”程度のものだった。
 くるぶしまでの裾丈なので、軽くたくし上げれば裾を踏んでコケるもなさそうだ。
 靴は、なるべく踵の低いもので、ストラップのついているものを選んだ。ダンスの練習用だとメイドは言ったが、このさい気にしていられない。
 宮殿内で“皇帝の后候補”をしているときには、とてもじゃないがこんな軽装ではいられないだろう。
「走るの久しぶりです」
「道は俺が開くから。頑張れよ」
「はいっ」
 後はヨロシク、と。メイドに言い置いて。
 ガイを先に、アエラは部屋を飛び出した。
 衛兵が、驚いた様子で駆けて来るが、
「ごめんなさい、出かけてきますっ」
「はい、退いた退いたっ」
 剣は鞘に入れたままだが、それをうまく使ってガイは衛兵たちを下がらせていく。重い鎧を纏った彼らは、不意をつくように押されただけでよろめいてしまった。
「ガイさん、すごい」
「血路を開く必要はないんだから、みねうちで十分だろ?」
「はい。怪我はさせたくないです」
 廊下を、そして階段を。二人は疾風のごとく駆け抜けた。
 騒ぎが大きくなりだした頃には、宮殿から外に出ることに成功する。
「本部前にも軍兵がいるけどっ」
「蹴散らすさ、昔とった杵柄ってやつで」
「・・・ガイさん、犯罪者なんですか?」
「何でそうなるんだよっ」
「だって、軍兵蹴散らすなんて、脱獄とか・・・」
「ちーがーうっ」
 瞬く間に、軍本部前の兵士を退けたガイ。開いた道を、アエラは走る。
 中は思ったより人がいなかった。
 この廊下走るの久しぶり・・・そんなことを思いながら、たどり着いたのは懐かしいドアの前。
 ほんとに早かった。ガイさんすごい。心の中で、何度も彼を称賛して。
 ドアの前で、思わず逡巡した。
 入りな、と。ガイに促される。
「ここで待ってるから。話しておいで。なんかやばかったら悲鳴上げればいい、俺が助けるから」
「は、・・・はい」
 アエラは、おもむろにドアをノックした。
 低い声の返事が聞こえた。
 ドアを開ける。
 ・・・また、懐かしい景色だ。



 静かに開いたドア、喧騒が遠く聞こえる。何事かがあったのだなとジェイドは思ったが、今は仕事のほうが忙しかった。
「なんです、騒々しいですね。今は手一杯ですから、他を当たっていただきたいのですが」
 顔を上げずに彼は言った。
 アエラは息を呑む。
 ドアを、ゆっくりと閉めた。
 そして、
「すみません。宮殿を出るのに、ひと暴れしなくちゃいけなくて」
 声は、少しだけ震えたがアエラらしい声音ではあった。
 ばっ、と。上げた顔。驚きを露にした、ジェイドの手元からはペンが転げ落ちた。
「アエラ」
「はい、大佐。ご無沙汰してます」
 ぺこりと頭を下げる。
 ジェイドは、愕然としながらも。気を取り直すように息を吸って吐くと、
「何の用です?」
 それはどこか、冷たい言葉だった。
 アエラはドア口に立ったまま、
「あたしが会いにきたらいけませんか」
 それも、どこか冷たい言葉。
 ジェイドは人差し指で眼鏡を押し上げると、
「・・・いいえ」
 そう答えて。
「無茶をしましたね、アエラ。陛下の許しを得ずに宮殿を飛び出してくるなどと。あなたは、自分の立場をもっと理解しなくてはいけない」
「あたし、皇帝のお后になるかもしれません」
「・・・そうですね」
「大佐があたしのこと好きってほんとですか?」
 震えて、裏返りそうな声。それでもアエラは、聞きたかったことを問いかけた。このために、ガイも無茶をしてくれたのだ。
 ジェイドは、じっとアエラを見た。
 仕立てのいい服を着て。以前の、下町育ちらしい粗忽さは、隠れている。遠目だが肌つやもよく、磨かれているのだなということはわかった。
 磨かれるのは、それが皇帝の持ち物だからだ。
 遠い     。それが、ジェイドの心境の全てだった。
 それでも。
「本当ですよ」
 返答に伴わせた笑みは、上出来だったろうと思う。
 慈しみと、誠実さとを。
 アエラは、詰めていた息を吐いた。そして、
「なんで?」
「それは、ズキリとくる問いかけですね。では逆に聞きますが、アエラは誰かを好きになるのに、理由が先行するのですか?」
「・・・前の彼氏は、あたしの体が好きだと言いました。造形的な問題だったようですが、彼は、あたしが何かをして手先を汚したり怪我をしたりすることをとにかく嫌いました。ダイエットも、その逆も。彼はあたしに変化を許さなかった。それは全部、自分好みの体型をした女を持つ、という彼のステータスのようなもののためにでした。大佐は? あたしの何が?」
 早口にまくし立てるように言った。
 ジェイドは眉根を寄せ、
「それはまた、随分と幼い男と付き合っていたのですね。そんな馬鹿者に嫉妬した自分を恥じますよ、今はね」
「大佐」
「先ほども言いました、アエラ。私があなたを愛しいと思うことに、具体的な理由はない。強いて言うのなら、私の全てがあなたを求めている・・・それだけのことです」
 眼鏡の奥。笑んで細められた瞳は、どこか諦めに似た色を帯びて見えた。
「アエラ」
 大切に呼ばれる名前。
 呼ばれた本人は、困惑を表す。
「大佐は、・・・大人の人です。あたしをからかってるとか、とりあえず若い子が好きとか、そういうんじゃないですよね?」
「これは。余程私は、侮られていたということなのでしょうか」
「時間ないんです、はっきり答えてください。大佐は、」
 その時だった。
 アエラの側、ドアが叩かれた。控えめにだが。
 ドアを見る。
 その向こうに、複数人数の気配を感じた。
 ジェイドが立ち上がる。思わず後退りしたアエラに、小さく笑んでから。
 ドアを開けた。



 向こう側。
 ドア口を取り囲んだ兵士たち。
 その中には、皇帝の姿があった。
「陛下」
 ジェイドの影から様子を見たアエラは、その視界の端に自身が予想していなかったものを見た。
 ・・・・・・拘束された、ガイだ。
「ガイさん!」
 ジェイドをすり抜け、部屋の外に出る。ガイに駆け寄ると、彼の両脇を固めた兵士が剣を動かした。鋼がすりあう音、向けられているのは、ガイの方にだ。
「そんな! どうしてガイさんが」
 無抵抗で捕縛されたのか、ガイは無傷であったのだが。
「・・・仕方ないよ、アエラ。俺は無許可で、皇帝の持ち物を宮殿から出したんだから」
 ガイの言葉に、呆然となる。
 ピオニーを見た。彼は、口の端を少しだけあげて、
「とりあえず、ガルディオス伯爵を連れて行け。・・・丁重にな」
 兵士に命じた。
 従った兵士、従うガイ。
 連れて行かれる背中を見て、
「陛下! 違います、罰されるのはあたしです! あたしが外に出たいって言ったから、ガイさんは!」
 ピオニーに、縋るように。
 皇帝は、わかってるよ、と呟いた。そして、アエラをためらいなく抱きしめると、
「それでもお前は、皇帝の后候補だ。無許可で宮殿を出ることは許されない」
「だからっ、罰するならあたし!」
「ガイラルディアは覚悟の上でお前の願いを叶えたんだろうさ。・・・ジェイドとの話は終わったのか?」
 兵士を全て下がらせて、ピオニーはジェイドを窺った。
 ジェイドは、アエラを見てから、
「今ここで、皇帝を弑してでも、アエラ・・・あなたを」
 そう言った。
 そして、恭しく頭を下げると、
「・・・仕事が残っていますので」
 ドアを閉めた。
 皇帝の腕の中。アエラは今の言葉を意識に刻む。
 弑する・・・難しい言葉だが、意味は知っている。
 それは、大罪だ。絶対にしてはいけない。
「とんでもないことをさらりと言いやがる。本当にやりかねんな、あいつなら」
「えっ」
「一番近くにおいてた懐刀だ、それはつまり、俺の弱点やらを一番よく知ってるってことになる。簡単に俺を殺せるだろう」
「陛下・・・」
「とにかく戻るぞ、アエラ。まったく、お前がジェイドを怖がってたから、もう少し落ち着いてからと思っていたのに。まさか自分から飛び出していくとはな」
「ご、ごめんなさい。でも」
「ジェイドの気持ちが本物ってのはわかったか?」
「は・・・い」
「じゃああとは、アエラ次第だな」
「はい・・・」
 アエラは、閉ざされたドアをしばらく見ていた。
 やがて、再三肩を叩かれて、ようやく宮殿へと戻り始める。

 足取りは、重い。
 けれど、知らされた思いのほうが、はるかに重たかった。