00.ミス・チラリズム
始まり。って言うか誰よ、そんな変なあだ名つけるのは。
(06.07.06)


01.触れたい、君に
片思い? そんな可愛らしい言葉で片付けばいいのですが。
(08.11.24)


02.暴発注意
大嫌い。言わせたのは向こうなんだから。
(08.11.24)


03.転職するなら
試してやれ。ん、別に俺はお前を陥れようとか思ってないぞ?
(08.11.24)


04.ブウサギ
嘘つき! 仲間がピンチだ、みんな、行くぞ! ぶーぶーぶー!
(08.11.25)


05.罪よりも愛を
出よう。君がそれを望むなら、俺は叶えるだけだから。
(08.11.25)


06.甘い殺意
迂闊。だってそんな、思いもしなかったもの。
(08.12.11)


07.回避不可能
もう決めた。権力は正しく使わなきゃな。
(08.12.13)


08.悟った先には
ありかもしんない。どうせなら、パーっとね。
(08.12.15)


09.卑怯
不器用。その言葉ほどあなたに似合わないものはないです。
(08.12.21)


10.君を連れて
あたしを。愛はいろんな形をしていて、一目ではわからない。
(08.12.24)


Last.あなたがいるから
ほどとおい。でも、こういうのって努力するものなの?
(08.12.24)



甘い殺意


 自分付きのメイドも遠ざけられていた。
 部屋に戻されたアエラは、自分がいかに考えなしかを痛感した。
 新しく側についたメイドは、面識のない新しいメイドだった。
 確かに、以前のメイドは顔見知りであったし、結構懇意にしていた人だったから・・・それ故の、今回の事件と解釈されても仕方がない。
 どん底まで沈んだアエラは、眠れぬ夜を過ごして。
 翌朝、皇帝の公務が始まる前に彼の部屋を訪れた。
「食事は済ませたのか?」
「陛下、ガイさんは」
 問いに答えず、自分の用件を押し出した。
 ピオニーは、あぁ、と呟くと、
「一応、地下牢には一泊の予定だからな。出してやるか」
「あたしが行ってもいいですか」
「・・・お前はダメだ。部屋にいろ」
「ですが陛下、あたしのせいでガイさんはっ」
「いいから部屋にいろ。ガイラルディアはお前の護衛のままだから、ちゃんとそっちへ行かせる」
「陛下・・・」
「アエラ、部屋に戻れ。昼までにはガイラルディアはお前のところにいけるようにしてやるから」
「・・・はい」


 追い返された、そう思えた。
 結局、昨日の事件の後は、皇帝も会いには来なかったし、呼ばれもしなかった。
 いっそのこと、愛想を尽かしてはくれないだろうか。
 とぼりとぼりと部屋に戻るアエラを、皆心配そうに見た。
 部屋のドアの前まで来ると、普段は宮殿の出入り口辺りを警備している兵士がいた。
「アエラ様」
 “様”で呼ばれることにはまだ慣れない。けれどアエラは微笑んで、
「はい」
 返事をして見せた。笑い方も、おそらくは以前の彼女と違うのだろう。兵士は、どこか寂しそうにした。
「アエラ様宛に小包が。アパートの方に届いたようです。家主がこちらに届けてくださいましたよ」
 手渡されたのは、平べったい箱だった。外装の包装紙は、アエラの地元の菓子屋のものだ。
「あ、これ・・・」
 宛先は確かにアエラのアパートになっている。ただし、差出人のところが汚れてしまっていて、読めなくなっていた。
「誰だろ。でも、あたしがここのお菓子好きなことを知ってるのは地元の人だけなので。母か姉か、その辺りだと思います。ありがとう」
 受け取ったアエラは、さっきよりも明るい笑顔を見せた。
 兵士は挨拶をし、持ち場に戻っていった。

 部屋に入り、包装をとくと、やはり中身はアエラの好物の焼き菓子だった。
 甘い香りが漂う。
「小さなお菓子屋さんなんだけど、とても美味しいのよ。ガルディオス伯爵が戻られたら、皆でお茶にしましょう」
 言いながら。
 その中の一つをつまむと、残りは箱ごとメイドに渡した。
「つまみ食いは内緒にしてね」
 メイドは小さく笑うと、菓子箱を持って部屋から出て行った。
 アエラは菓子を手に、窓際へと歩く。この、気持ちがドップリと沈んでしまっているときに、とてもありがたい贈り物だと思った。
 外は快晴だ。
「中庭をお借りできれば、そっちの方がいいかなー・・・」
 呟きながら、菓子を口に入れる。
 懐かしい味。
 が。
 さくりと噛んだ時、違和感を感じた。
「あれ?」
 なんか苦い気が。焦げてるのかな、まさかそんな。
 今まで何度もこの菓子を食べたが、失敗作を入れられたことなどない。
 おかしい、そう思い至ったときには、舌がびりびりと痺れるのがわかった。
「っ、ん、・・・・・っ!」
 慌てて近くのテーブルに寄り、置いてあったナフキンを取る。口の中のものを吐き出したのだが。
 痺れは一気に全身にめぐり、息が苦しくなって。
 飲み込んだわけでもないのに喉が焼けるのを感じた。
「や、ば・・・・」
 アエラは、誰か呼ばなくてはと渾身の力を込めて窓ガラスを叩いた。
 ドン!
 大きな音をたて、これで誰か気付いてくれれば、と。
 思った頃には力が抜け、その場に倒れ伏した。
 鍵のかかっていないドアから兵士が飛び込んだときにはもう、アエラの意識はなかった。







 瞬く間に宮殿内は厳戒態勢となった。
 メイドたちは大急ぎでアエラの口内と胃の中の洗浄をした。
 すぐに皇帝の主治医が呼ばれ、
「絶対安静です。飲み込まなかったのは幸いでした。微量でもかなり殺傷力の高い毒物のようです。種類の特定はこれからになりますが、急がせますので」
 アエラが吐いたものと、まだ残っていたカケラと、メイドが持っていた箱ごとと。全部を持って、主治医は出て行った。
 アエラの部屋。
 今はベッドに寝かされている彼女の側には、ピオニーと。
「彼女のアパートに届けられたということは、彼女個人を狙ったものなのでしょうけど・・・」
 戻ってきた、ガイがいた。
「メイドの話では、お前が戻ったら皆でお茶をと言っていたそうだから、場合によってはお前も被害にあっていたかも知れんな」
「アエラのことだから、多分陛下にもおすそ分けをしたでしょう。・・・そうなると、大事だ」
「まったくだな。皇帝暗殺、アエラが犯人にされる」
 そんな馬鹿なことがあるものか。
 ピオニーは苦く呟いて、今は眠っているアエラを見つめる。
「・・・ところで、大佐は?」
 すっ飛んでくるに違いない人物は、この騒ぎにまだ顔を出していない。
 ガイの問いかけに、
「もう“自分の仕事”をしているよ。ここでアエラの目覚めを待っていても、犯人は捕まらんからな。アイツが指揮をとって、捜査に当たっている。小包の経緯を、さかのぼったりな」
「あぁ、なるほど」
 事件がおきてから、まだ。ピオニーはジェイドに会っていない。
 ジェイドの部下が、既に行動に入っていることを伝えにきただけだ。
「なんせアエラは人気者だからな。兵士たちも躍起になって」
「笑うところじゃないですよ、陛下。その人気者をこんなところに閉じ込めたのは、他ならないあなたなんですから」
「その上、毒殺までされかかってな。クーデターでも起きるかな」
「楽しそうに言わないでください」
 あきれ返ったガイが、溜め息をついて。
 まだ目を覚まさないアエラを見下ろした。
「可哀相に」
 しみじみと呟く。
 こんなことになるなどと、誰が予想しただろう。





 翌日、夕方。
 最初の報告書を手に、ジェイドが宮殿を訪れた。
 その少し前に意識を回復したアエラは、別の部屋で報告書を読み上げるつもりでいたジェイドと、そしてピオニー・ガイを部屋に引き止めた。
「聞かせてください、わかったこと」
 かろうじて話せる程度にしか回復していないのに。
 ベッドの上に横たわったまま、アエラはジェイドの報告を聞いた。
「小包は、一昨日にアエラ嬢の現住所に届けられました」
 アエラ“嬢”。
 よそよそしい呼び方。
 ジェイドの表情のない目は、紙に向いていて、アエラを見ることはない。
 アエラもまた、天井を見ながら聞いている。
「その時点で贈り主の所は汚れていたようです。届けたのは民間の配達業者で、シェリダンからの船で輸送されたものだそうです」
「アエラ。心当たりは?」
 ベッドの側にはピオニーがいる。
 アエラは、
「シェリダンは、私の家族がいるところです。そのお菓子のお店も、シェリダンにしかありませんから」
 少しゆっくりと、言った。
「アエラ嬢のご家族にも確認を取りましたが、誰も菓子を贈ったりはしていないそうです。店の店主も、店から発送の手続きはしていないと。少なくとも、アエラ嬢宛のものならば、覚えているはずだし、実際控えもないそうです」
 それはそうだろう。アエラは店の常連、店から彼女宛に送ったとなれば、店の者は忘れはしないだろう。
 アエラは深く息をついた。
「誰でも買える、庶民のお菓子です。誰に売ったかも覚えていないだろうし」
「じゃあ犯人は、まず彼女がそのお菓子を好きだってことを知っているってことだよな」
 近くの壁に背もたれて話を聞いているガイが言うと、
「近所の人は知ってます、家族も・・・だけど、こんなことする人は、いません」
 こんな。
 菓子に毒物をひそませて、宮殿に入れるなど。
「ジェイド、近所の人間の話は聞いたのか?」
「ほぼ。皆、アエラ嬢を心配していました。言いふらしていいものかとは思いましたが、ことが重大ですので。・・・・・アエラ」
 そこで初めて、ジェイドから“嬢”がとれた。
 アエラは目線だけ、彼に向けた。
「宮殿に・・・皇帝に后候補として召し上げられたことは、実家には伝えていなかったのですね?」
 確認するような問いかけだった。
 アエラは、
「はい。軍に・・・カーティス大佐のお手伝いをすることになったことまでです。だから、地元の人たちは、あたしが宮殿にいることは知らないと・・・思います」
「確かに。皆、ひどく驚いていました」
「ですよね・・・」
 笑いには力もなく。
「とくに、姉だという人は、・・・・・・ものすごい剣幕で」
 それを言ったときのジェイドは、思い出し笑いをするように、小さく笑んだ。
 驚いていた、が、“ものすごい剣幕”に置き換えられるのはどういうことだろう。不思議そうに首を傾げたのはガイだ。
「なんだよ、剣幕って」
 問いかけると。
 ジェイドが答える前に、
「あぁ・・・武装して来ちゃったらどうしよう・・・」
 途方にくれた様子で、アエラが呟いた。
 妹には、思い当たる節があるようだ。
「姉はちょっと、過激なところがあるもので。まさかないとは思いますが、・・・もしシェリダンから武装した民衆が来たらそれは、あたしの身内ですから」
 ピオニーのほうを向いて、スミマセンと苦笑する。
「どういう家庭だ、お前のところは」
「姉だけですよ、そういうのは」
「まぁ、それだけ愛されているということだな。いいことだが」
「あはは・・・」
 力なく笑ったアエラが、またジェイドを見て。
「結局今のところは、目星はつかないということでしょうか」
「残念ながら。輸送に使われた船と、その船員とをしらみつぶしに当たっています。まずは、どこでその荷物が現れたのかを」
「・・・ですね・・・」
 店の人間が毒を入れるなんて考えられない。なら、購入後に細工されたことになる。
 アエラは、もっと注意しているべきだったと後悔した。包装が一度とかれた形跡だとか、そんなものは見てもいないし気にしてもいなかった。
「皇帝の側近くにあるのだから、当然しているべき警戒でした。申し訳ありません、陛下」
「なにを。お前が気に病むことはない。今はとにかく体を休めて、毒なんざ全部追い出してしまえ」
「はい」
「当面、警備を強化しておく。狙いはお前だろう。お前を陥れて俺を暗殺、も確かに考えられるが、少し遠回りだな。それを思うと、お前が狙われた可能性のほうが高い」
「あたし、なにか恨まれるようなことしたのかなぁ・・・」
「今後は、お前宛の物は全て兵の検閲を受けることになる。とりあえず、家の方に一筆書いた方がいいだろうな。俺から手紙を出しておこう」
「陛下から?」
「皇帝直筆の手紙だ、お前が心配している“武装集団”も落ち着いてくれるだろうさ」
 ちょうどそのタイミングで、部屋のドアがノックされた。アエラのメイドが、毒の中和薬を持ってきたようだ。
 ジェイドが扉を開け、メイドが手にしている盆を受け取る。
 彼女をそのまま下がらせた。
「大佐?」
「全てのものに注意を払うべきです」
 言いながら、ジェイドは盆をテーブルの上に置くと、グラスの水の匂いを確かめた。それから、薄紙に包まれている薬を開いて、指先につけて舐めてみる。
 その仕草を見て、慌てたようにアエラが起き上がった。
「っ、大佐! もし万が一毒だったら! 舐めたらダメですっ」
 瞬間、くらりと世界が回って。倒れ掛かった体を、側のピオニーが支える。
「いきなり起き上がるな、馬鹿」
「でもっ」
「ジェイドを殺せる毒があるならお目にかかりたいもんだ」
 ピオニーの発言に、ガイは小さく笑い、ジェイド本人は肩を竦めた。
 薬の次に水を一口飲んでみてから、そのグラスと薬とを持ってベッドサイドに歩み寄る。
「どちらも問題ないようですが、水は飲み干さずに少し残してください。底にこぞんでいる可能性もありますから」
「大佐・・・」
 憔悴したアエラが、ジェイドを見上げる。
 重い腕を上げ、薬とグラスを受け取った。
「陛下、毒見役を数人用意した方がいいでしょう。既に宮殿内に入りこんでいるなら、食事も気をつけなくては」
「物々しいな。まぁ、仕方ないが」
「それって、あたしの代わりに毒を飲んでしまう人が出るかもって事ですか?」
「まぁ、ありていに言ってしまえば」
「それはダメです、そういうのはいりません。あたし、誰かを身代わりにしたりするの嫌です」
「しかしアエラ。それが、宮殿に住む者の道理ですよ。陛下も、毒見の済まない物を口に入れることはほぼない。あなたはもう、・・・ただのアエラではないのだから」
 ジェイドの言葉に、アエラは傷付いたような顔をして俯いた。
 それから、手に持っていた薬を飲むと、残った水を受け取るためにジェイドが手を差し出す。
 その手を見て。
 アエラは、グラスは渡さずに、
「お願いがあります、大佐」
 ジェイドの手を、冷えたアエラの指先が掴む。
 驚いた顔を、ジェイドは一瞬だけした。けれど、すぐにいつもの冷静な表情に戻り、
「なんでしょう」
 問い返した。
 アエラは、
「もし、犯人が見つかったら、・・・一番初めにあたしのところに連れてきてくれませんか」
 そう言った。
「何故ですか?」
「理由を、聞きたいからです。あたしが、殺されなきゃならない理由を」
「おおよその見当はつきますが。一番ありがちなのは、かつて陛下が戯れに関係を持った女の誰かでしょう。自分は候補にすらなれなかったのに、平民の、それも小娘のアエラが后候補になったことが気に入らず」
「・・・そんなにひどい捨て方なさったんですか、陛下・・・」
「それじゃ俺のせいだというのか、ジェイド」
「それが一番可能性があると言っているだけです。ですので、過去の陛下の女性遍歴も全て当たりますよ」
「暴かれたくない部分だな・・・」
「言ってる場合ですか」
 アエラの手が、ジェイドの手から離れる。それを見計らってから、ジェイドはアエラからグラスを取った。
「あなたのお願いは尊重しましょう。部下にも、必ず生け捕るようにとは伝えてありますが、徹底します」
「ありがとうございます、大佐」
「そう日数をかけるつもりはありませんが、一朝一夕に捕縛できるとも思えません。とにかくあなたは、体を回復させなさい。今の状態でまた微量でも毒物を摂取したら、・・・今度こそ」
「・・・はい」
 頷いてから、アエラはゆっくりと身を横たえた。



 ピオニーの配慮で、今夜から数日、アエラの部屋にガイが寝泊りすることになった。隣の部屋では、対応に時間がかかるかもしれないということでだ。
 部屋の前にも兵士が置かれ、アエラの部屋が見える範囲にはいつも以上の兵士が巡回に当たる。
「すみません、ガイさん」
 窓の外を見下ろしているガイに、寝たままのアエラが謝罪する。ピオニーは執務に戻り、ジェイドも帰っていったから、今はこの部屋には二人だけだ。
「気にすることはないよ。もともと俺は、キムラスカの貴族の家でお庭番やってたから。むしろ本領発揮って言うかね」
「・・・なんか、思いも寄らないことになっちゃいました・・・」
「そうだね。でも、もう取り消せないことばかりだから」
「ええ・・・家の方に、お后候補になったこと知れちゃったなら・・・大佐を試すどころじゃないですよね」
「保留だね、その辺は。ま、君は本当、気にしないで」
「・・・ありがとうございます」
 中和の薬が効いているのか、今はもう大分体も楽になっている。
 アエラは思案顔で天井を見ていた。

 毒を盛られることに心当たりはない。
 けれど、ジェイドの言うようにどこかの女性の嫉妬心から来る殺意なら、なんとなく納得できた。
 自分のような平民の娘が、突然皇帝の側近くに召し上げられるなど。
 きっと、その座を狙っていた貴族令嬢などはゴマンといて、政治的な陰謀なんかがうごめいているに違いないのだ。
「・・・こういうのは・・・読むだけにしたかったなぁ・・・」
 どこかの物語のようだ、としおしお呟いて。
 アエラは、また溜め息をついた。

 もはや、幸せは逃げつくしているに違いない。