00.ミス・チラリズム
始まり。って言うか誰よ、そんな変なあだ名つけるのは。
(06.07.06)


01.触れたい、君に
片思い? そんな可愛らしい言葉で片付けばいいのですが。
(08.11.24)


02.暴発注意
大嫌い。言わせたのは向こうなんだから。
(08.11.24)


03.転職するなら
試してやれ。ん、別に俺はお前を陥れようとか思ってないぞ?
(08.11.24)


04.ブウサギ
嘘つき! 仲間がピンチだ、みんな、行くぞ! ぶーぶーぶー!
(08.11.25)


05.罪よりも愛を
出よう。君がそれを望むなら、俺は叶えるだけだから。
(08.11.25)


06.甘い殺意
迂闊。だってそんな、思いもしなかったもの。
(08.12.11)


07.回避不可能
もう決めた。権力は正しく使わなきゃな。
(08.12.13)


08.悟った先には
ありかもしんない。どうせなら、パーっとね。
(08.12.15)


09.卑怯
不器用。その言葉ほどあなたに似合わないものはないです。
(08.12.21)


10.君を連れて
あたしを。愛はいろんな形をしていて、一目ではわからない。
(08.12.24)


Last.あなたがいるから
ほどとおい。でも、こういうのって努力するものなの?
(08.12.24)



悟った先には


 噂の浸透は早かった。
 翌日の昼には、空気がすっかり変わっていた。
 皇帝が目を覚ますよりも早く、アエラはその部屋をあとにした。
 見てみぬふりの衛兵たちは、皆残念そうに溜め息をついていた・・・ミス・チラリズムは、等しく兵士たちの清涼剤のような存在であったのに。もう、気さくに接することなどできはしないのだろう。
 自分の部屋に戻ったアエラは、しばらく椅子に座ったまま押し黙っていた。
 誰も声はかけない。
 そのまま、昼まで。本人を他所に噂が広まっていくのを、彼女は黙認しているかのようだった。






「大佐がいないのをいいことに。なんていうことをしたんですか」
 昼過ぎに宮殿にやってきたガイの、第一声がそれだった。
 執務室で書類仕事をしているピオニーの手伝いが一応の名目だが、その後は説教ばかりだ。
「アエラは大人しかったぞ?」
「当たり前でしょう、相手は皇帝なんですから!」
「まぁ、・・・大人しすぎたがな」
「何を考えているんだ、あなたは。折角元気を出してくれてたのに」
「それはまぁ、そうだが」
「部屋に閉じこもって、朝食も昼食もとらないと聞きましたよ」
「そのうちふっきってくるだろ」
「陛下!」
「あーもう、うるさいなお前は。だったらお前が慰めてやるのか? 俺は別に、アエラに俺だけを愛せとかは言わん」
「なにをまた、そんな大問題発言を!」
「そのほうがアエラも楽だろう」
「常識がない!」
 デスクをひっぱたいて、ガイは声を荒げる。
 ピオニーは肩を竦めて、
「もう、今更ガタガタ言ってもしかたがないだろうが」
「あなたという人は・・・」
「このぐらいしとかないと、ジェイドの本心なんざ見えやしない」
「だからって、アエラを傷つけるようなことをしなくても」
「俺だって得をしたい」
「本当に・・・あなたという人は・・・・・・っ」
 もう、あきれ返って継ぐ言葉もない。
 ガイはこれ見よがしに盛大な溜め息をついた。
 そんな時だった。
 部屋のドアがノックされた。
 応じたのは、ドアに近いガイだ。
 戸を開けるとそこには衛兵が立っていて、
「何かあったのか」
 ガイの問いに、
「また、アエラ様宛に小包が」
「同じか?」
「菓子ではないようですが、差出人は汚れて読めません。それと、宛先がアパートから宮殿に変わっています」
「・・・わかった。カーティス大佐は?」
「捜査に出られて、まだ戻られていません」
「そうか・・・」
 ちょっと待ってて、と。兵を留めておいて、ガイはピオニーの側に行った。
 今聞いた内容を話すと、ピオニーは頷いてから、
「ジェイドを呼び戻せ。正直、まだ顔を合わせたい心境ではないが・・・な」
「それは自業自得でしょう」
「奴に嫌われるのは構わんが、アエラに嫌われるのはきついなぁ」
「もう嫌ってるかもしれませんよ」
 今更何を馬鹿なこと言ってるんだ。ガイは一蹴して、待たせている兵士にカーティス大佐を呼び戻すようにと伝えた。アエラ宛の荷物は、それから検閲するとも告げる。
 兵士は敬礼をして去った。
 そのままドアを閉めようとして、ガイはそれを留まった。
「ガイラルディア?」
「アエラは立ち合わせますか」
 問いかけに、ピオニーは少し考えてから、
「危険物でなければ、な」
「意向を確かめてきます。陛下は大人しく仕事をしていてください」
「掠め取る気じゃないだろうな?」
 意地悪げに歪めた口元、放たれた、それは冗談ともつかない言葉。
 ガイは部屋から出て行きながら、
「・・・アエラがそれを望むなら」
 とだけ言い残して、扉を閉めた。





 誰も寄せ付けず、食事もとらず。
 彼女はずっと、部屋で黙ったきりだという。
 メイドは外に出されていて、呼ぶまでは入ってこないでと言われていた。
 デリケートな状況だ、誰も強行してアエラを構ったりなどしない。
 陛下の用事で、と。部屋の前にいる兵士たちに言い、ガイは控えめなノックの後にドアを開いた。
 返事はないだろうと思っていたし、ドアに鍵もかかっていなかった。

「アエラ」
 呼びかける。
 彼女は、朝から座っている椅子に、まだ腰掛けたままだった。
「・・・アエラ」
 もう一度呼んで、部屋に入る。
 ドアを閉めた音で、彼女は顔を上げた。
 おっとりとした仕草で首をこちらに向ける。
「ガイ・・・さん」
 かすれた声だった。
「食事、しないのか」
 朝から。
 彼女は多分、そのままなのだろう。
 着ているのはドレスではなく、・・・そのまま。
 昨夜、皇帝の部屋に召されたときのままの衣装でそこにいる。
「少し食べて、薬を飲まなきゃ。もう大分いいって言っても、今日までか、明日までは薬を」
 けれどアエラは、ふいと横を向いて。椅子から立ち上がった。
 その場から離れようとした、ようには見えた。しかし、足は動かない。
「アエラ?」
「・・・あたし、なんか、とりかえしのつかないことを」
 呟くように言った、あと。
 やや俯いた、彼女の表情が、翳って。
 直後のガイの行動は、衝動としか言い訳の出来ない、アエラが望んだわけではない、抱擁。
「ごめんな、アエラ。守れたらよかったんだけど」
「相手は皇帝です、だれも逆らえないって、あたしだってわかってますから。でも、・・・ありがとう」
 心の中で、『アニスごめんね』と呟いて。
 アエラは、ガイの腕の中で静かに泣いた。


 時間は何分もなかったと思う。
 押すようにしてガイから離れたアエラは、
「やっていけそうな気もします、この生活も」
 そう言って、にこっと笑んだ。
 泣いた後の、それでも彼女らしい笑顔だった。
 ガイは、
「大佐はどうするの?」
 訊かない方がいいかなぁとは思ったものの、それが当初彼女がここに入れられた理由であったから、とりあえず。
 アエラは少し目を泳がせてから、
「どうせ、陛下もそのうちあたしに飽きるから。大佐もきっと、あたしのこと忘れると思うし・・・っていうか別に、付き合ってたわけでもないし。考えないことにしました」
 つとめて明るく、笑って見せた。
「正妃になってしまうと、飽きられてもなかなか他の人にってわけにもいかないよ?」
「正妃になんか、なるわけないじゃないですか。あたし、平民の子ですよ? 世継ぎは生めるかもしれないけれど、あたしが母親になるわけじゃない」
「アエラ・・・」
「子供は多分、とりあげられると思います。まぁ、庶出ってやつだから、たとえあたしに爵位を与えてくださっても、劣り腹であることに変わりはない。子供はどこかの貴族に養子に出して、それから皇帝の養子になるとか、なんかそういった面倒なことがされるんじゃないかな。宮中のことはよくわからないけれど、あたしみたいな下々の娘が、冠を頂くことなんて絶対にないんだってことはわかってますから。なーんて、まだ子供出来たわけじゃないし。正妃になるかもわかんないし。どうしても嫌なら、その辺から身投げでもします」
「えぇ?!」
「先のことです、ガイさん。考えてたって仕方のないことです。だからとりあえず、今を少しでも楽しもうって思っています。さっきは泣いちゃったけど、あたし多分、陛下に抱かれるの嫌いじゃないです」
 どこまでふっきったというのだろう。
 ガイの目の前、そこにいるのは紛れもなくアエラだ。
 このところ、憂いてばかりいた彼女だ。
 けれど今は、憂いはなく。
 この生活に入る前の、彼女のような。
「っていうか、もういっそ『魔性の女』でも目指してみようカナとか」
「っ、えぇ?!!」
「すごいですよねー、皇帝とその懐刀の軍人さんと、その他モロモロ手玉に取っちゃうんですよ。おもいっきり貢がせるのもありかもしんない」
 ・・・これはもしや、アニスの(悪い)影響では。
「愛人家業って考えたことなかったけど、折角女に生まれたんだから、この道もいいかも」
 傍目には、すっかり乗り気のアエラだが。
 ガイは青い顔をして、
「なんでそういう方向にふっきっちゃうのかな・・・」
 やや震える声で、呟いた。
 前向きなのか、ちょっと間違ったスイッチ入っちゃったのか。
「あー、なんかすっきりした。おなかすいた」
 元気になったのはいいのだけれど。



 部屋の外にいたメイドを呼んで、代わりにガイが外に出た。着替えをして食事をするというのだ。
 扉の前の兵士が、アエラの声が明るくなったのを聞いて、
「さすがはガイさんだ」
 などと言ってくれたのだが。
 ガイ自身としては、そうじゃなくってね、的な残念無念で一杯だった。
 あの彼女は、みんなが大好きな“ミス・チラリズム”ではない。
 なにやら黒い野望に目覚めてしまった“アニス・パート2”なのだ。
 やがて、着替えの済んだらしい部屋の中の彼女にと軽食が運ばれてきた。朝から食べていないのに重いものでは体に良くないという配慮だ。
 その頃には、ガイも部屋に入っていいと言われて。
 アエラの食事光景を見ながら、例の話題を切り出すことになった。

「あたし宛、ですか」
「宮殿に直接届いたらしい。今、ジェイドを呼び戻してる。彼が戻り次第、中身を確かめるって言うんだけど」
「立ち会っていいんですか?」
「危険物ではないという判断の上で、だけどね」
「じゃあ、立ち会います」
 決断はアッサリしたものだ。
「・・・ジェイドに会うのは平気?」
「誰に会うのももう平気ですよ。さっきまでは誰にも会いたくなかったけど、もう大丈夫です」
「・・・噂が大分浸透してる。ジェイドは知らずにここに来るってこともないと思う」
「あたしごときを寝取られたぐらいで、大佐はキレますかね?」
「ごとき、って。君にとってはそんな表現でも、ジェイドにはもっともっと大切なものだよ、君の事は」
「そんなの知りません。あ、いえ、・・・知らないわけでもないですけれど、よく考えたら元々は大佐があたしにセクハラするから、あたしはこんなところに来る羽目になっちゃったんだから。あれがセクハラじゃなくて、大佐が本当にあたしを好きで、・・・あの時言ったみたいに陛下を殺してでもって思うなら、やって見せて欲しいぐらいです」
 その“あの時”のジェイドのセリフは、ガイは知らない。けれど、アエラがこう言うのだから、ジェイドはそういうことを言ったのだろう。
「案外キツイな、アエラは」
「ガイさんだったらどうするんですか? アニスが后候補に本当になっちゃったら」
 なにやらまだ誤解があるようだ。
 ガイは頭を掻き、
「だから、アニスは違うって言ってるのに。でも、アニスが望んでそうなったんじゃなければ、・・・アニスが助けてって言うなら、考えないでもない」
「そういうものでしょ?」
「けどそれは、君でも同じだよ・・・アエラ」
 真面目な、それでいて少し照れたような淡い笑みで、ガイは言って。
 きょとんとしたアエラが、手にしていたフォークを落としそうになって。
「今更だけどね。きっと、君がそうして欲しかったときには、俺は何も出来なかったから。出来てれば、君を泣かすようなことにもならなかった。っていうか、させなかったよ」
 聞きながら、アエラは呆然として。
 そして、
「・・・どうしてこれでカノジョがいないのか、とても不思議です、ガイさん」
「ほっとけっての」
「いや、でも、・・・真骨頂を見た気分です」
「なんのだよっ! 真剣に言ってるんだよ、俺はっ」
「えぇ、でも、・・・困ったなぁ、“ガイラルディアに惚れるっていうのはナシだ”って、陛下から散々言われてるんですよ」
「そんな」
「ときめかない方がおかしい。ガイさんそれ、計算じゃないところがガイさんらしくて、とってもキュンときます」
「・・・・・・心にもないこと言ってない?」
「とんでもない。ただ、今のあたしは“目指せ魔性の女”なので、そんな純情乙女のようなリアクションはとれませんってだけです。そして、とりあえず目の前の食べ物を胃にしまってしまいたい」
 シチュエーションが良くないらしい。
 ガイは溜め息をつき、
「君らしくて、涙が出そうだよ」
 呟いた。





 アエラが食事を終え、薬も飲んで。
 少ししてから、ジェイドが宮殿に入ったという報告がきた。
 会議用の部屋に集まることになったと言われて、ガイとアエラもそこへ向かった。
「ちょっと前まではふらふら歩いてたのに」
 踵の高い靴で悠然と歩くアエラを見て、ガイは苦笑する。
 アエラは、
「なんか、足にヘンな筋肉ついたっぽいですよ。バランス感覚というよりは、踏ん張っていられるかの問題みたいで」
 重いドレスも、きらびやかな宝石も。慣れてしまえば、どうってこともない。
 すっかり開き直ってしまったアエラに、ガイは肩を竦めた。
 指定された部屋につく。ガイが扉を開けて、アエラを中に入れると。
 そこには、
「やっと出てきたか」
 いつもと変わらないピオニーと、その傍らには。
 ひどくフクザツな面持ちのジェイドがいた。
 空気が殺伐としていることには、ガイだけが気付いた。
 ヤバイなー、なんて心で呟くが、
「どうせ何もすることがないのですから、部屋に篭っていたところで問題はないでしょ」
 アエラの、しれっとした言葉に、また空気が揺れる。
 歩いて、ピオニーたちのいるところまで行くアエラ。
「大佐」
 それこそ何食わぬ笑顔で、ジェイドを呼んだ。
 ジェイドもまた、お得意のポーカーフェイスだが。それがけっして完璧ではないことは、ピオニーもガイもわかっている。
「お忙しいのに、あたしのことでご面倒をおかけして申し訳ありません」
 下げた頭、仕草は優雅だった。
「いえ」
「経過と、今日届いたという荷物を見せていただきたいのですが」
「荷物はそちらに。捜査の経過は、口頭で」
「わかりました」
 硬質な会話だ。少なくとも、ジェイドのほうの声音は、まるで鋼のようだった。
 アエラは、テーブルの上に置かれた荷物を見た。
 荷物、と言うには随分小さくて薄い。
 この間のものとは全然違う。
 包装も簡素な茶紙で、ますます出所の特定が難しそうだ。
「・・・先に、捜査の報告を」
 ジェイドが、手にしていた紙をひらく。
「過日の毒物の配送ルート上に、身元不明者及び前科などのあるものはいませんでした。ある意味、非常に正当なルートを通って届けられたもののようです。ただし、送り主つまり犯人はいまだ影すらもうかびません。荷物自体は、確かにシェリダンから出たもののようです。船のクルーが、郵便物の中にあの外装の包みがあるのを見ていました。やはり、その時点で送り主の住所は汚れていたようです。どこから発送されたのかを当たりましたが、郵送業務を行なっている全ての場所を探しましたが、控えはありませんでした」
 芳しくない結果だ。
「ただ、貨物船の出るすぐ側で釣りをしていたと言う老人が、船乗り風の男がその包みを荷物の集められているところに置くのを見ていました。地元では有名な菓子屋の包装紙だったので気がついたそうですが、持ってきたのは船乗りだと思ったので、とくに気にして見なかったと」
 そりゃそうだろう。
 しかし、その証言が確かなら、そのタイミングで毒入り菓子が荷物に紛れたと考えられる。
「体型などにも特にこれと言った特徴がなく、見つけ出すのは困難ですね。正直、今後の動きを見てそこからといったところです」
 一応まとめてあります、と。ジェイドは持っている紙を再びたたみ、ピオニーに渡した。
「やっぱりシェリダンから出てるんですね。そこでもう送り主のところが汚れてたんなら、その時点で毒は入ってたんだ・・・」
「段階的には早いでしょう。先日お預かりした、残りの菓子を調べました。全てに毒物は検出されました」
「どれを食べても、そして誰が食べてもってことか。アエラは俺や陛下にも分けるつもりでいたんだろ?」
「独り占めなんてしません。美味しいんですよ、ほんとに」
「アエラに罪を着せるつもりか、それとも本人か・・・か。ジェイド、陛下の女性遍歴の方はどうなんだ?」
「そちらは現在調査中です。なにしろ、全員グランコクマにいるわけでもないですから」
 ジェイドの言葉を受け、アエラの冷たい視線がピオニーに向く。
「人数は聞きませんけど、陛下が節操ナシなのはよくわかりました」
「おいおい、そういう言い方ってないだろうが。そもそもお前の倍近く生きてるんだから」
「それって関係ないです」
「そんなことないよ。なぁ、ジェイド?」
 同年代に意見を求めるが、ジェイドは不機嫌そうに眼鏡を押し上げると、
「同じ枠にくくられたくはないですね。人のことが言えない、というのは自覚していますから、貶めることは言いませんが」
「言ってるも同然だ、そりゃあ」
「お陰で苦労しているのが現状ですよ。アニスが手伝ってくれていますので、あとで何かご褒美あげてくださいね」
 名前に、アエラが反応する。
「アニスが?」
「・・・えぇ。あなたに会ったそうですね」
「はい。楽しい子でした」
「そうでしょう。いつか紹介できたらと思っていましたよ、二人は気があうだろうと。・・・シェリダンで会ったのです、ほんの昨日の話しですが」
「アニスがシェリダンへ?」
「知り合いはいますよ。それこそ世界中にね。そこで、アニスは休暇中の短い間でもよければ手伝わせてほしいと言ってくれました」
「そうですかぁ。じゃあ、あたしからも何か御礼をしなくちゃ」
 アニスは何が好き? 真っ先にガイに尋ねているあたり、やはりまだ誤解は続いているようだ。
 しかし、アニスが参加しているとなると。ピオニーは苦い顔をし、
「よりによって、その捜査をアニスに任せたのか。それじゃあ、俺はアニスにまで弱みを握られることになるのか?」
 むぅ、と。
「いくらでも握られればいい」
 ぼそり。呟いたジェイドの言葉は、紛れもなく本心だったろう。それと見抜いて、幼馴染は肩を落とした。

 さて。
 めぼしい進展のなかった外部調査の報告はここまでにして。
 今日届いたと言う荷物を、開けにかかる。
「爆発物である可能性はきわめて低く、中身はおそらく紙か薄い板であろうということですが」
 包みを外すジェイドの手を、皆じっと見る。
 そして。
 現れたのは薄い箱。そして中には、
「・・・額?」
 アエラが呟く。木製の、シンプルな額だ。
 中には、
「・・・・・・・・・花びらですね。これは・・・セレニアの花か?」
 ジェイドの見立てどおり、セレニアの花びらが一枚だけ入っていた。
 まだ瑞々しい花びら。
「なんだ、こりゃ。プレゼントにしても謎だらけだな」
「他には入ってないのか、旦那?」
「そうですね。これだけのようです」
 心当たりは、と。ジェイドが聞こうとしてアエラを見た。
 聞くまでもなかった。
 アエラは青い顔をして、愕然とした様子で、花びらを見ていた。
「・・・そんな」
 震える声がこぼれる。
 自分の見たものを信じたくない、それはあからさまだった。
 アエラは数回、首を横に振った。
 そして、振り切るように踵を返すと、一目散に部屋を飛び出してしまった。
「え、ちょっ、アエラ?!」
 引き止めようしたガイの手をすり抜けて。


 ピオニーとジェイドは顔を見合わせた。
 額と、花びら。
 たったこれだけのものの、なににアエラはあんなにも反応したのだろうか。
       私が行きます。アエラは何か、思い当たったのでしょう。聞き出して、・・・さっさと終わらせなければ」
 ジェイドはおもむろに部屋を出た。