00.ミス・チラリズム
始まり。って言うか誰よ、そんな変なあだ名つけるのは。
(06.07.06)


01.触れたい、君に
片思い? そんな可愛らしい言葉で片付けばいいのですが。
(08.11.24)


02.暴発注意
大嫌い。言わせたのは向こうなんだから。
(08.11.24)


03.転職するなら
試してやれ。ん、別に俺はお前を陥れようとか思ってないぞ?
(08.11.24)


04.ブウサギ
嘘つき! 仲間がピンチだ、みんな、行くぞ! ぶーぶーぶー!
(08.11.25)


05.罪よりも愛を
出よう。君がそれを望むなら、俺は叶えるだけだから。
(08.11.25)


06.甘い殺意
迂闊。だってそんな、思いもしなかったもの。
(08.12.11)


07.回避不可能
もう決めた。権力は正しく使わなきゃな。
(08.12.13)


08.悟った先には
ありかもしんない。どうせなら、パーっとね。
(08.12.15)


09.卑怯
不器用。その言葉ほどあなたに似合わないものはないです。
(08.12.21)


10.君を連れて
あたしを。愛はいろんな形をしていて、一目ではわからない。
(08.12.24)


Last.あなたがいるから
ほどとおい。でも、こういうのって努力するものなの?
(08.12.24)



君を連れて


「ジェイドに何を言ったんだ?」
 薄い明かりの中、ピオニーは言う。
 アエラはゆっくりと起き上がりながら、
「別に。今日はお休みください、とだけ」
「犯人のめぼしはつけたのか?」
「セレニアの花とあたしとの間にある人の名前は教えました。でも、空振りかもなと思ってはいます」
「何故」
「あからさま過ぎるからですよ。あたしはセレニアの花を見たのは一度きりで、そのことを知ってる人は、そう何人もいません。あんまりにもわかりやすく示しているから、罠だったりしてと思っています」
「・・・ふぅん」
 脱ぎ散らされた着衣を拾って、袖を通した。
「なんだ、もう着るのか?」
 邪魔する気満々の手が、アエラの腰に伸びて。
「陛下はお年ですから、そう二度も三度もなさらないでしょう?」
「それはどうかな。若い恋人に合わせることぐらいはできるが?」
「・・・気分ではない、と言えばご容赦いただけますか?」
「おっと。それは仕方ない」
 とか言いながら、ピオニーの手は力を込めてアエラを自分の方に引き寄せる。
「陛下」
「手元に置くぐらいいいじゃないか。今度は朝までここにいろよ? 昨日は俺が目覚める前に部屋に戻っていたからな」
「・・・いけませんか」
「寂しいじゃないか」
 それが本心かはわからない・・・アエラは、ヘンな勘繰りをするようになった自分に溜め息をつく。
 本当に、宮殿に来てから自分は随分変わってしまったようだ。
 それは、変化というよりは変質に近い気もする。
「結局、ブウサギと同等なんですね、陛下にとってのあたしは」
「そんなことはない。アエラは案外、独占欲が強いか」
「あなたがあたし一人のものにならないことは、もうとっくにわかっています」
「皇帝としては、な。でも、一人の男としてなら」
「そんな夢は見ていませんから、ご安心ください、陛下」
 

 そんな、夢みたいな話はもう、信じていない。










 翌日の夕方だった。
 アエラは謁見の間に呼び出され、そこで事の顛末を聞いた。
 玉座に座るピオニー、その隣に立たされたアエラ。
 兵士が、謁見の間に入る人間の名を呼ぶ。
 ジェイドと、そして。
「・・・お、ねぇ、ちゃん」
 アエラが呆然と呟いた。
 ジェイドが連れて来たのは、アエラの姉・クレアだったのだ。
 まさか・・・!
 アエラはいても立ってもいられずに、玉座の側から駆け出した。
「お姉ちゃん! なんで?!」
 なんで。
 飛びついたアエラに、クレアは目を細める。
「久しぶり、アエラ。本当に皇帝陛下の側に上げられてしまったんだね」
 似た声質、姉の方がずっと低く落ち着いた声。見た目は確かに似ているが、根本が違うのははっきりわかる。姉は、アエラよりずっと凛々しい印象をもっていた。歳が離れているせいか、若い母と娘、にも見えた。
 アエラは姉にしがみついたまま、ジェイドを見た。
「姉だったんですか?!」
 ジェイドは、
「それを今から報告します。だから静かに」
 そう言って。
 まずは、皇帝に一礼した。
 クレアもまた、その場に片膝を着いて頭を下げる。アエラは姉に着いたまま、その場に膝を着いた。
「まずは結論から申し上げます」
「手っ取り早いな・・・聞こう」
「被疑者死亡、です」
 その場が、僅かにざわめいた。
 事が事なだけに、謁見の間には大臣らもいた。その前で、いかなる嘘も許されはしない。
 アエラは驚いた目で、ジェイドを見上げている。
「アエラ嬢宛ての、毒入り菓子・・・これは、セオという青年の仕業でした。はっきりと裏づけがされているわけではありませんが、一応、こちらのクレア・ヴィンセントが証人としてきてくださいました」
「おねえちゃん・・・?」
 皇帝に頭を下げていたクレアは、
「・・・悩んだんだよ。だから、ちょっと遠回りなことをして、お前に判断を委ねたかった。けど、まさかセオがあんなことになっているとは思わなくて」
 着ている上着のポケットから、一通の封書を取り出して、アエラに渡した。
 住所は、アエラの実家。アエラ宛て。消印も、送り主も汚れてはいない。
 アエラが、毒入りの菓子を食べてしまった日、セオからの手紙だった。
 震える手で、アエラは封筒の中を出す。既に封が切られていた。
「・・・・・・・・・あ」
 便箋の間から、パラリと落ちる。
 セレニアの花びらだった。
「お姉ちゃん、これまさか」
「そこに、セオの想いが綴られているから。届いたのは、お前が毒入り菓子を食べたってそこの大佐さんがうちに来た次の日。場合が場合だから、読ませてもらったけど」
「セオ、の」
 開いた、質素な便箋。
 そういえば彼の字は、ほとんど見たことがなかった・・・そう思いながら、目を走らせる。
 内容は、確かに彼のアエラに対する想いが書かれている。
 アエラにとっては正直今更な、彼の後悔が。
「・・・病気・・・?」
 便箋の最後の方。
 セオは一つの告白を書いている。
 自分がもう治らない病にかかっていること。
 そして、既に体の自由がきかなくなってきていること。
 そんな中で、一つ。ひどいわがままをしてしまったこと。
 アエラは一通り読んだあと、姉の側を離れた。
 ふらつく足取りで玉座の側に戻り、手紙をピオニーに渡した。
「・・・読んでいいのか?」
「言葉には出来ません。見て、納得してもらうしか」
「・・・わかった」
 アエラの手紙を受け取って、ピオニーはざっと目を通す。
 そして、
「・・・成る程。ここに書かれていることが、誰かに唆されたわけじゃなく自発的に行なったことなら、被疑者死亡は納得できるが。ジェイド、確かにこのセオという男は死んでいるのか?」
 手紙をたたみ、封筒に戻して。ピオニーはそれをアエラに返した。
「墓標を確認しました。後は、身内の者の証言を。誰もがセオは死んだと言い、葬儀屋も遺体がセオであることを確認しています」
「間違いなく?」
「自宅のベッドで息を引き取ったそうです」
「それなら、他人ってこともないか・・・」
 溜め息と、思案と。
 ピオニーは隣のアエラを見て、
「お前がこの結果で納得するなら、この事件はここまでだ。とりあえず、だがな」
「あたしが決めていいんですか」
「あぁ」
「・・・・・・・・・」
 アエラは手元の手紙を見つめた。
 しばらくあってから。
 また、玉座の段を降りる。
 静かに響く足音、真っすぐ向かったのはジェイドの前だった。
「大佐」
「はい」
「・・・処刑を望みます」
「誰の」
「あたしです」
 また、周囲がざわめいた。
 ジェイドは驚かず、アエラを見ている。
 アエラの向こうに見える玉座で、やや慌てたふうのピオニーが見えた。
 隣、クレアはかしづくのをやめて立ち上がる。
「アエラ、お前・・・」
「だってお姉ちゃん、セオが本当にこの理由であたしを殺そうとしたなら、・・・あたしは連帯責任って言うのを負わなきゃ。皇帝陛下の身辺を騒がせたんだもの」
「けどアエラ、セオは勝手に!」
「そうかもしれないけど、あたしに責任がないなんてそんなことないでしょ」
 お姉ちゃんは黙ってて。アエラの厳しい表情に、クレアは押し留められる。

「・・・あなたはそう考えるような気がしていました、アエラ」
 わかっていた。ジェイドの言葉に、アエラは小さく笑った。
「信じられないけど、あたしって結構罪深かったんですね。セオが、ここまであたしのこと想ってるなんて全然知らなかった」
「彼のために、死んでやるのですか?」
「ここでそうするか、生きて魔性の女やるか、あたしの人生、今、二択なんです。だったら、・・・彼が望んだようにしてもいいんじゃないかなって」
「なんとも、ひどい選択肢ですね。では、ひどいついでにもう一つ加えてください。・・・以前のように、私の補佐を仕事にして生きる、というのを」
「ドサクサですね、大佐。でも、ご存知のとおり、あたしはもう陛下のオテツキですから、そんな簡単に市井に戻れるとは思ってません」
「そんなことはありませんよ。今まで、陛下のオテツキの女性はそれこそ星の数ですが、皆さんそれぞれの生活に戻られています」
「でも、帝都でそれは難しいでしょ。皆様、帝都を離れてるっていうのはアニスが世界中回る羽目になったことでも明らかです」
「別に帝都で暮らせないわけじゃないですよ」
「世間体がよくないでしょ」
「・・・あなたほどの年齢の娘が言う言葉ではないですねぇ。そもそも、陛下の“デキゴコロ”は今に始まったことではありません。あなたさえ許すなら、陛下をポイ捨てするのは大した罪じゃないですよ」
 幼馴染とは言え、とんでもないセリフだ。
 アエラは玉座を振り返る。
 皇帝陛下本人は、大変に異議のありそうな顔をしているが、その周囲の大臣らは頷いているぐらいだ。
「・・・セオは、場合によっては自分に関わる全ての人に害が及ぶとわかっていながら、あたしを連れて逝くことを望みました。あたしがそれを叶えるのは、だめなんですか」
 手の中の手紙。
 自分の命が残り少ないことを知っていて、今この手にと願う存在はどうあっても届かないところに連れて行かれて。
 昇華できない想いは、互いの死をもって。
「それは今更ですよ、アエラ。あなたの話では、セオはあなたとの別れを了承している。たとえどんな思惑があったのだとしても、あなたではない誰かに譲られることを容赦したのだから、本心どうあれ、あなたを道連れにすることなど許されない。だからセオは逝き、あなたは残っている・・・違いますか」
「あたしは知らなかったんです」
「だからなんだと言うのですか」
「・・・あたしがセオを誤解していなかったら、」
「取り戻せない過去をぐだぐだ言っても仕方がないでしょう」
「・・・大佐・・・」
「聞き分けなさい、アエラ。真相ともかく、その手紙にはセオがあなたに毒の入った菓子を贈ったことがちゃんと書かれている。既にこの世にないかもしれないあなたに、やはりこの世にないかもしれないセオが自分のしたことをきちんと告白している。証拠としては十分です。これで落着になさい。あなたが責を負う事はない」
 説得は、強くアエラにかけられる。
 アエラはもう一度玉座を振り返った。
「・・・言っとくがな、アエラ。仮にお前に罪がかかっても、俺は恩赦を出してお前を手の中に戻す。なんせ皇帝だからな」
       なんでこんなのが陛下なんだろ・・・」
 また、ひどい暴言だ。
 アエラは溜め息をついてから、ジェイドの隣にいるクレアに抱きついた。
 クレアは、本当に愛しそうに妹の頭を撫でる。
「嫌な思いをしたな、アエラは」
「別に、ヤじゃないよ。ちょっとへこんだけど」
「そうか?」
 セリフだけ聞いてる分には、兄と妹のようなやり取りだ。
 アエラの納得は渋渋のようだが、一応は片付いたということでいいらしい。


「情報を操作しろ。宮殿に毒物が持ち込まれたというのは、もう噂が広まってしまっているからな。うまいこと誤魔化して、セオの名前も出すな。犯人は軍が秘密裏に処刑した、そんな感じでいい。そのへんの口裏合わせは任せる」
 控える大臣や要人らに指示を出し、ピオニーは謁見の間から人を払った。
 残ったのは、ピオニーとジェイド、アエラとクレアだ。
 アエラはクレアに張り付いたままで、へこんでいるというのはあからさまだった。
「・・・想定外だったな」
 こぼすように、ピオニーは呟く。
「てっきり、俺のほうだと思っていたんだが」
「それは、誰だって思うでしょう。なんせ陛下の女癖の悪さは、国中に広まっていますからね」
「言うほど悪くは無いと思うんだがなぁ」
「どの口が言うんですか」
「幼馴染なんだから、もう少しフォローしろよ」
「出来ませんよ」
「冷たいの」
 笑って、肩を竦めて。
 ピオニーは、
「アエラ」
 それは、まるでブウサギを呼ぶときのような。
 玉座に座ったままだが、両手を広げてアエラを呼ぶ。
 しかし、
「・・・そろそろいいかな。もう、どうにもブチキレそうだ」
 低く。不穏な言葉を紡いだのは、クレアだった。
 アエラは相変わらずクレアに張り付いているが、それはどうやら、姉を抑えているというほうが正しいらしい。
「おねぇちゃんっ、皇帝陛下だから!」
「それがなんだと言うのだ、私の可愛い可愛いアエラを、こんなところに閉じ込めた上に危険な目にあわせて・・・あまつさえ、手をつけただと?!」
 沸き立つオーラ。
「武器出しちゃだめ、ダメだったら! ここでお姉ちゃんが陛下になんかしたら、あたしは何のために大人しくしてるのかわかんないじゃないっ」
 必死に姉を宥める妹、その横で。
「ああ、いいですよ。一発ドカンとやっちゃってください。幼馴染が許可します」
 さらっと言ったのはジェイドだった。
「え、ちょ、大佐?!」
「よーし。聞いたからな、今の言葉!」
 それは、どこからともなく現れた。
 クレアでも一抱えある、どこからどう見てもバズーカ砲だ。
「うそっ、お姉ちゃんそれどっから?!」
「下がってろ、アエラ」
 そんなこと言われたって。
 クレアは砲を構え、狙いを玉座のピオニーに定める。
 ピオニーはたじろぎ、
「おいっ、まさかそれ、本物じゃないだろうな?! ジェイド!」
「ニセモノなわけがないでしょう。彼女はシェリダン“め組”の後継者です。むしろ、威力を保証しますよ」
 涼しい顔の幼馴染が、どうぞ、と合図する。
 クレアはとても悪そうに笑った。
「天誅!!!」


 宮殿内を、爆音と振動が駆け巡った。







 ぺたん。
 アエラはその場にへたり込む。
 立ち込める煙、着弾点は見えない。
「・・・チッ、仕留め損ねたか・・・」
 クレアの呟き。
「そのようですね。でもまぁ、いいでしょう。衝撃で腰を痛めるぐらいはしているはずですから、当分はお忍びも控えていただいて、ベッドの上でも出来る書類仕事に従事してもらいましょう」
 ジェイドも言って。
 アエラは、煙の中から立ち上がる人影をみて、ほっと息をついた。
「お前な、お前らなぁ」
 すすだらけの皇帝は、威厳もへったくれもない状態でよろよろと出てくる。
「っ、陛下っ」
 慌てて立ち上がったアエラが、ピオニーの側につく。その様を見て、また、
「・・・やはり息の根を止めねば」
 クレアが構える。
「もぉっ、お姉ちゃんいい加減にして! こんなんでも皇帝なんだからっ」
 どちらかと言うと、クレアのバズーカよりアエラの暴言の方がピオニーの息の根を止めそうだが。
「しかし、相変わらず頑丈ですね。あれで傷一つないなんて」
「ジェイド、お前俺をなんだと思ってるんだ?!」
「いやですねぇ。それなりに大切な皇帝陛下ですよ? だから、ちゃんとクレアにお願いして、殺傷力は抑えてもらったんです」
 ピオニーは床に座り込み、アエラはクレアがもう一撃加えないようにとピオニーを庇うようにしている。
「・・・その道では、とても有名だそうですよ。シェリダン“め組”の後継者、クレア・ヴィンセント。彼女の世界は、妹中心に回っている。妹を苦しめるなら、相手が神でも彼女はやる・・・とかなんとか」
 ジェイドの言う、それが大げさでもなんでもないことは、今ここでしっかりと証明された。
「大佐もお強いって聞きましたけど、あたしは姉よりも強い人を見たことがありません。強いって言うか、恐ろしいって言うか・・・」
「そんな馬鹿な、ジェイドを越えるなんて」
「・・・いえいえ、もしかしたら本当にそうかもしれませんよ。シェリダンの譜業技術を隅から隅まで体得し、譜術を使えなくてもその譜業兵器でその辺の町なんか簡単に壊滅させられる。そんなことを、彼女は一人でやってのける・・・それも、妹のためだけに」
 それは、シェリダンの技師仲間ではとても有名な話だった。
 クレアはフッと笑い、
「それほどでも」
 などと言い、
「お姉ちゃん、褒められてるのと違うのよ」
 妹のツッコミを受けたりもする。妹の方は、姉の過剰なシスターコンプレックスをわかっているようだ。
「だけどアエラ、可愛いお前がこんなところに入れられなかったら、今回の事件だって」
「毒入りお菓子で皇帝暗殺未遂、は起きなかったかもだけど、毒入りお菓子で軍大佐のお手伝い殺害、はあったかもしれないじゃない。それだって大事よ、ピオニー陛下はしょっちゅう宮殿を抜け出して大佐の所に来てたんだから」
 そっちも大概大事だが。皇帝が脱走など。
「それに、さっき気になることを言っていたな。セオのために死ぬか、魔性の女になるかって」
「あぁ、それ。だって、仕方ないじゃない。今は陛下、あたし一人とか言ってくれるけど、ずっとそうかはわかんないし、ハナッから信じてもないし。だから、こうなったらもう、ここで陛下の愛人しながら他の男どもも手玉にとって、女の栄華を極めるのもいいかなって」
「・・・・・・・・・・」
 ここにいる三人は、初めてアエラの開き直りを聞いた。とりあえずこれを知っているのは、ガイだけだったのだ。
 ジェイドは深く溜め息をつき、
「陛下のせいですよ。アエラが歪んでしまったのは」
「俺か?! そもそもはお前がアエラにセクハラまがいなことをするからっ」
 擦り付け合う、幼馴染。
 クレアはぽかんと口を開けている。頭の中ではさぞかし、そんな馬鹿なという言葉が渦巻いているだろう。
「いいじゃない。お姉ちゃんだって男の人とっかえひっかえしてるんだもん」
 これは意外な言葉だった。
 ピオニーとジェイドが、エッという顔でクレアを見る。
 クレアは、
「それは違う、そもそもが違う。私は別に、とっかえひっかえしているのではなくて、それぞれに長続きしないというだけで!」
 弁解するように。
 あぁなるほど・・・変に納得する男ども。
「似たようなモンじゃないの。もうね、いいのよ。男なんてね、女は何でもいいとか思ってるんだから。だからあたしだって、男は何でもいいとか思っちゃうことにしたの。貢がせまくって、優雅に暮らしてやるんだから」
「アエラっ」
「だってとりあえず、お姉ちゃんより強くてかっこいい人っていないんだもん☆」
 ・・・これは。
 明らかに、クレアを黙らせる手段に他ならない、可愛い笑顔と仕草と、クレアのハートをピンポイントで射抜いてくるセリフと。
 やはり違う方向にシフトしてしまっているアエラは、うふふと笑ってみせる。
 

 決着した事件の顛末を、少し悲しく思いながら。