00.ミス・チラリズム
始まり。って言うか誰よ、そんな変なあだ名つけるのは。
(06.07.06)


01.触れたい、君に
片思い? そんな可愛らしい言葉で片付けばいいのですが。
(08.11.24)


02.暴発注意
大嫌い。言わせたのは向こうなんだから。
(08.11.24)


03.転職するなら
試してやれ。ん、別に俺はお前を陥れようとか思ってないぞ?
(08.11.24)


04.ブウサギ
嘘つき! 仲間がピンチだ、みんな、行くぞ! ぶーぶーぶー!
(08.11.25)


05.罪よりも愛を
出よう。君がそれを望むなら、俺は叶えるだけだから。
(08.11.25)


06.甘い殺意
迂闊。だってそんな、思いもしなかったもの。
(08.12.11)


07.回避不可能
もう決めた。権力は正しく使わなきゃな。
(08.12.13)


08.悟った先には
ありかもしんない。どうせなら、パーっとね。
(08.12.15)


09.卑怯
不器用。その言葉ほどあなたに似合わないものはないです。
(08.12.21)


10.君を連れて
あたしを。愛はいろんな形をしていて、一目ではわからない。
(08.12.24)


Last.あなたがいるから
ほどとおい。でも、こういうのって努力するものなの?
(08.12.24)



Last.あなたがいるから


「・・・そういうことだったのか」
 顛末を聞いたガイは、気の毒そうにアエラを見た。
 アエラは微笑んで、
「お墓参りは、毎年行くことにします」
「じゃあ、二回目に届いた花びらと額は」
「姉です。同じようにして送れば、関連つけるだろうと思って、あんな風にしたみたいで。筆跡を真似るのが大変だったとか言ってましたけど」
「そうなんだ」
「セレニアの花は、あたしと彼の思い出。額は、過去を示すためのものだったようです。写真しまったりするでしょ?」
「なるほどね。・・・そうか」
「そういえばガイさんは、事件の顛末がわかった日はいませんでしたけど、どうして?」
「あぁ、ジェイドに頼まれて、アニスのところにね。決着つきそうだから、捜査はそこまででいいって伝えるのと、あとは報酬を」
「見合うだけはくれたんでしょうか」
「ジェイドはそういうところはきちんとしてるよ。アニス、大喜びだった」
「・・・ならいいんですけど。あとであたしからもなにか」
「それはいいよ、アニスも言ってた。ジェイドから、結構もらったみたいだ」
「・・・・・・そうですか? じゃあ、お礼とお詫びの手紙を書かなくっちゃ」
「お詫び? ああ、休暇を台無しにしたとかって? それは大丈夫だよ、ついでにみんなには会ってたみたいだし」
「違いますよ。ガイさんを独り占めしてたことにです」
 だーかーら。アニスはそんなんじゃないって。
 もういい加減言い疲れた言葉を、落胆の溜め息と共にガイはこぼす。
「抱きしめてもらっちゃったりしましたからね。アニスにはちゃんと謝っておかないと今後のお友達づきあいに支障が出かねません。あと、あたしのことぎゅってしてくれてたときはガイさん、恐怖症とかっての平気そうでしたから、アニスにその辺の報告も」
「うぇええぇ?!」
 大変だ。
 ガイは本気で慌てふためいた。
「あぁー、そうか。ガイさんったら、アニスのことはきっと、好きすぎて大事すぎて触れないんですよ。でも、やっぱり触って欲しいものですよ、恋人には。あたしで少し、練習しときます?」
「え、エンリョしときます・・・。まさか“神殺し”が君のお姉さんだとは思ってなかったし」
「あら。姉の事知ってるんですね。別に神様を殺したりしたわけじゃないんですけど」
 妹のためなら神をも殺す・・・そういう意味合いの、とても危険な渾名だ。
「大丈夫ですよ。姉はシェリダンに帰りました」
「神殺しとネクロマンサーを相手に出来るほど、俺は向こう見ずじゃないから」
「・・・まぁ、ガイさんならいつでもオッケーですから。アニスのためですもの」
 ずれた。絶対に、彼女の良心は軸がずれてしまった。
 ガイは苦笑し、もうどうにも修正できそうにないと諦めた。

「で、今日から?」
 変わる話題。
 アエラは、はいと頷いた。
「あたしのせいで、大佐のお仕事は前以上に滞ってますからね。しっかりサポートして、ちゃっちゃと終わらせます」
 久しぶりに着た。
 アエラだけが持っている、改造制服だ。
「なんか陛下は、あたしが宮殿にいると“魔性の女モード”に入ると思っているみたいで。それだったら、大佐のとこで仕事手伝ってろって。これって、捨てられちゃったってことなのかしら」
 住まいも、元のアパートに戻っていいと言われた。
「そんなことないと思うけど・・・」
「まぁ、陛下とのことはいい思い出で全然いいけど」
「・・・いいんだ」
「呼ばれたら行くだけです。もう、悩むだけ無駄だって十分わかりましたから。求められれば拒めない、それはあの方が皇帝であたしがそれ以外である以上かわらないことだし。せいぜい適当にあしらうことにします」
 どこにいようが、彼女の開き直りはあまり変化がないようだが。
「さぁて、そろそろ行かなくちゃ。しばらく留守してたから、午前中は家の掃除したいって言って出勤を遅らせてもらったんです。おかげでネグラは綺麗になったし、ここからは久々のダッシュ三昧」
 返り咲きの“ミス・チラリズム”は、しばらくドレスだったせいか身軽すぎてむしろ危険だ。
「張り切りすぎて怪我しないようにね」
「大丈夫です! なんせ丈夫ですから」
 そうでなくてね。
 駆け出した彼女に、ガイは手を振った。
 軍本部のドアをくぐっていく彼女を見送って、

「・・・もう少し敵のランクが低ければ、是非名乗りを上げたいところだけどね・・・」

 手ごわすぎて、新米伯爵風情ではどうにもならない。










 おかえりなさい。
 なじみの兵士達はみな、アエラの復帰を喜んだ。
 アエラは挨拶をしながら。
 そういえば、ここではガイさんが捕まったりして大変だった・・・なんて、思い出したりする。
 懐かしいドアの前。
 アエラは、とりあえず身なりを整えると、深呼吸をした。
 それから、ドアをノック。返事が聞こえたのを確認してから、ノブを回す。
「おはようございます」
 ドアを開けて中へ・・・行くと。
「ぅわ、なにこれ」
 処狭しと積まれている、紙やらファイルやら。
 張り切りすぎて違う部屋に入ってしまったのかと焦る。怪我ではなく、ポカだ。
 けれど、
「そこの資料を、日付順にまとめてください」
 声は、部屋の主のものだ。
「あ、はい」
 挨拶どころではない。
 アエラはすぐに、床やらの上に散らばる資料を拾い集めて。
「それが終わったら、こちらの処理済の書類を番号順に」
「はい」
「未処理のものは、左手に集めてください」
「はい」
「陛下の承認がいるものはまた別に。夕方に、宮殿の方へ送ります」
「はい」
 もう、いきなりフルスロットルだ。
 紙を集めては仕分けて、集めては仕分けてを繰り返し、部屋には彼女の靴音と紙の擦れる音と。
 これならこれでいいか。アエラがそう思い至って、小さく笑ったとき。
「・・・アエラ」
 不意に、指示ではない言葉が飛んできた。
「愛していますよ」
 
 空耳かと思った。

 アエラは手を止め、きょとんとしてデスクを見る。
 紙束に埋もれたジェイドは、さっきまでと変わらない様子で黙々とペンを走らせている。
 やっぱり空耳だ。
 仕事に戻ろうと、アエラがまた視線を逸らすと。
「愛しています」
 また聞こえた。
 アエラは、
「・・・空耳で処理しますよ、大佐。寝言は仕事終わらせてからでお願いしますね」
 なんて言ってみた。すると、
「それは切ないですね。真面目に言っているのに」
 ジェイドはやはり、変わらない動作のままで。
「名前書くとこに愛の告白とか書かないでくださいね。誰かが本気にして、あたしの居場所追われたら、今度こそ宮殿に就職しちゃいますよ」
 アエラもまた、紙を集めながら。
「それは困りますね。でも、あなた以外の補佐は願い下げです」
「知りませんよ」
「あなたでなければいりません」
 手が止まる。
 アエラはそのまま、床にうずくまった。
 ジェイドは、ちらとその様子を見て、
「・・・魔性の女にはまだまだ遠いですね」
 そんなことを言った。
「殺し文句を畳み掛けないでください大佐」
「耳まで真っ赤なのが見えますよ。大体、この程度の言葉でそんなことでは、そうそう手玉に取れる男もいません。やめといた方がいいでしょう」
「これから慣れるんです!」
「慣れなくていいですよ」
「大佐には関係のないことですっ。あたしの人生なんだから、どう生きたっていいでしょっ」
「そもそも人には向き不向きというものがあるんですよ」
「知ってますッ」

 ジェイドは笑って、そこからはまた仕事に集中し始めた。
 アエラも、むぅと口を尖らせつつも、仕事に戻る。




 散々周囲を騒がせた、アエラをめぐる一連の騒動は。
 様子を変えながら、今後もまだ続くようだ。





 

2008.12.24